■極私的! 月報・青学陸上部 第29回

 千葉県・富津マラソン合宿。

 1月15日、気温4度。冷たい風が吹き、体感温度はもっと低いだろう。午前10時、下田裕太(3年)、中村祐紀(3年)、小田俊平(3年)が42.195kmを走るためにスタートラインについた。一色恭志(4年)は2日前の練習後、体調を崩して、宿舎で静養中だ。

「中村、リラックスして走れよ」

 マラソン初挑戦に緊張した様子の中村に原晋監督が声をかける。

「よし、じゃー行こうか。よーい、ドン!」

 マラソン合宿最終日、選手たちは冷え切った空気の中をスタートした。
 
*      *       *

 箱根駅伝3連覇、大学駅伝3冠を達成してまだ2週間弱。原監督は祝勝会や報告会などが続く中、その合間を縫って両親と東北の温泉に行き、親孝行に時間を割いた。チームは一色と小関一輝マネージャー以外の4年生が9日に退寮を済ませた。お祝いの余韻と新しいスタートの雰囲気が交差する中、今回のマラソン合宿が始まった。

 原監督は言う。

「今回の合宿はマラソンを走るための準備です。箱根駅伝の2区と8区は平地から最後、アップ&ダウンを乗り越えて走るので30kmぐらいを走れる体ができているんです。ただ、マラソンを走るには、残り12.195kmを埋めていく作業をしていかないといけない。合宿では、その12.195kmを補うためにしっかりと走り込みます。

 それが一番の目的で、あと箱根で走れる体ができているのにリセットして5000mや10000mに行くのはもったいない。合宿でしっかりと走り込めば、さらに積み上げていけるからね。もちろん、この合宿をやったからマラソンですぐに2時間7、8分台を出せるかといえば、そんなに甘いもんじゃない。でも、箱根駅伝後にマラソンにチャレンジする意欲がある学生のために、この流れを作っていく。青学は1番バッターとして、それに取り組んでいるんです」

 マラソンはしんどくてつらいものだと原監督はいう。それゆえ故障せずに練習ができ、42.195kmを走り切る力とポジティブな気持ちの強さが必要になってくる。だから、誰でもOKというわけにはいかない。

 毎年、夏合宿の時、マラソンをやりたい者には挙手をさせる。自らの意思で42.195kmを走る覚悟がある選手だけにチャンスを与える。ただし、可能性があると思う選手には原監督自ら「チャレンジしたらどうよ」と話をしていくケースもあるという。

 実際、合宿に参加した4名の選手は原監督が認め、マラソンを走る意欲がある選手たちだ。田村和希(3年)はびわ湖毎日マラソン出場に意欲的で合宿に参加を希望したが、原監督が「まだ、早い」とマラソンへの挑戦を延期させている。

「田村はやる気満々だったけど、箱根でのダメージもあり、まだ体力的な不安がある。マラソンよりはまずユニバシアードで勝って学生界を制した後、マラソンにシフトしていこうという話をしています」

 田村は都道府県代表広島男子駅伝(1月22日)、丸亀国際ハーフマラソン(2月5日)を経て、日本学生ハーフマラソン(3月5日)に臨む。ハーフで実績を残し、マラソンは4月以降、挑戦していくという。
 
 今回の合宿は一色がびわ湖毎日マラソン(3月5日)、下田と中村は東京マラソン(2月26日)、小田は静岡マラソン(3月5日)に出場予定で、そのための準備になるわけだが、内容はハードだった。初日は32.195kmを走り、30kmまでは1km3分32秒ペースを保ち、残り2.195kmで1km2分54秒にペースアップした。中村は「マジでキツかった」と目を白黒させた。

 2日目は朝10km、午前中に10km程度、各自ジョグをして調整した。

 3日目が42.195kmだ。スタートする前、「青トレ」を作った中野ジェームズ修一と下田のトレーニングを担当していた栗城徳識フィジカルトレーナーが宿舎を訪れた。原監督の車に同乗し、フォームなどのチェックをするという。

 スタートした下田らは一般ランナーをどんどん追い抜かしていく。いつもの光景だが、この日の富津の景色はちょっと異様だった。

 一般ランナーをはじめ、箱根駅伝2区で一色を抜いて区間賞を取った神奈川大の鈴木健吾ら各大学、実業団の選手が走っていた。そのせいだろうか、駅伝ファンの人たちが非常に多く、沿道で写真を撮ったり、下田たちに「頑張って!」と声をかけてくれたりしたのだ。練習後には青学の宿舎にもファンが訪れた。

「これだけ多くの駅伝ファンが来てくれて、そこでトレーニングできるのはありがたいこと。人に見られているとテンションが上がるし、トレーニング自体、楽しくなるんでね」

 原監督は、うれしそうに話した。

 熱心なファンは大会だけではなく、記録会や合宿に来てチームや選手を応援してくれるようになる。それが盛り上がりという「熱」を生む。数年前、サッカーのセレッソ大阪の柿谷曜一朗や山口蛍ら若い選手が注目された時、「セレ女」と呼ばれる女性ファンが連日、練習場に詰めかけて大変な賑わいを見せたことがあった。ここ数年で「カープ女子」は社会現象になり、チームの強さと相まってファンが増え、昨年の優勝を後押しした。原監督は「陸上というスポーツをもっとメジャーにしたい」と常々言っているが、青学を応援してくれるファンだけではなく、富津に応援しに来てくれるようなファンが増えることは、その第一歩になると考えているのだ。
 
 下田は2時間27分35秒で少し余祐の表情でフィニッシュした。中村は顔を歪め、下田よりも10秒遅れて苦しそうにフィニッシュした。下田はいつも通りだが、中村は見た目からも足への疲労感が感じられる。これが経験の差なのかと思ってしまう。

 原監督も下田の成長を強く感じるという。

「昨年、下田はおそるおそるマラソンのトレーニングをするという感じでしたけど、今回は意欲的にトレーニングができて、ベースも上がってきている。昨年は2時間31分35秒だけど、今年は4分速いですからね。順調ですよ。

 東京マラソンでは守りに入らず、先頭争いをして攻めていければ、2時間8分台が出ると思います。そのくらいの力を箱根で十分つけている。ただ、昨年はノーマークでノープレッシャーだったけど、今回はある程度注目される。プレッシャーがあると思うけど、まだ若いし、失敗してもいいから思いきりチャレンジしてほしいですね」

 練習を見ていた栗城フィジカルトレーナーは、下田の走りはよかったという。

「しっかりとコアを入った状態でスピードが出せるようになったし、体をひねって走るフォームは30kmを超えても比較的、安定していました」

 周囲の期待に当の本人はちょっと慎重だ。

「今回の合宿は、まぁこんなもんかなという感じです。正直、フォームもまだ微妙ですし、心肺機能も高めていかないといけない。東京マラソンは昨年うまく走れていないのでどうかなって思いますけど、目標は前回(2時間11分30秒)よりもいいタイム。できれば2時間10分を切りたいし、学生記録(2時間8分12秒)も狙いたいです」

 下田と中村祐は、もう一度、合宿で42.195kmを走り、神奈川ハーフ(2月5日)をはさんで、東京マラソンに臨む。40km走の本数は前回、東京マラソンを走った時よりも1本多くなりそうだ。これまでは40km走を5、6本踏んで大会に挑むのが常識と考えられてきたが、原監督はそういう時代ではないという。

「今まではマラソンをするためには40kmを5、6本走ってからという固定概念があったけど、そういうのは捨てていかないといけない。そんなに走ったら疲れてしまいますよ。

 昨年、東京マラソンに挑戦した時、一色と下田はその前に箱根を走り、本番前に1回しかフルを走っていない。それから1年間を過ごして、多少ダメージはあるけど1月に箱根を走って、今回はフルを2本やって本番を迎える。効率よく練習して強くなるのが理想ですし、私は自分のアプローチでやる。指導者はそれぞれ自分の考えでやるべきだと思います。ただ、そのアプローチの仕方を共有できる育成会議みたいな組織作りをしていかないと、いつまでも経ってもバラバラで日本の陸上界に進歩も未来もない」

 マラソンで結果を出すためには、自己の走力を上げていくことが前提になるが、戦うべき相手を知らなすぎるのも問題があると思っていた。

 マラソンはケニア、エチオピア勢が強いといっても実際、彼らと走ってみなければ何が強いかわからない。駅伝だけを目指すのであれば、自己記録を更新し、自分の成長に留意すればいいが、世界選手権や五輪でのメダル獲得を意識するのであれば、大学4年間、世界を知らないままに終わるのはマイナスでしかない。箱根という目標が大きすぎるがゆえに学生の視線はドメスティックになりがちだが、競技者としては国際経験が足りないのだ。

 原監督もそのことを実感している。

「世界を見据えている選手には、世界を意識した取り組みをしていかないといけない。そのためには世界に出て、世界を知らないといけない。うちの1期生の子がアメリカで仕事をしていて、オレゴンとかアメリカで合宿するときはお手伝いしますと言ってくれている。他にも世界にOBがいるので、そういう人たちに協力してもらってレースを含めた海外遠征、海外合宿を積極的に考えていきたい。予算の問題があるけどね(笑)」

 海外に視線を向けたのには、もうひとつきっかけがあったという。

 昨年11月、原監督は中村祐と森田歩希(2年)をオランダのレースに参加させた。箱根駅伝まで1カ月半、2人は主力選手でこの時期に海外に行かせるのは故障などのリスクもあり、敬遠しがちだ。それでも行かせたのだが、そこでの経験が大きかったという。

「オランダから帰ってきた彼らの第一声が『外国人と話せる会話能力がないのは、走る以前の問題でした』だったんです。レースが終わった後、他国のランナーはダウンジョグをしながら、国籍問わず会話して情報交換をしている。彼らは、そこにまったく入れなかった。これは実際に海外に行かないと経験できないこと。

 私たちは教育機関なので、競技力を高めるのと同時に異文化に触れて、コミュニケーション能力を高めることも大事だと思っています。グローバルな人材を育てていかないといけない。そのためには海外でレースするだけじゃなく、生身で世界に触れることも重要なんです」

 今年、陸上部は大学とともに新たな取り組みをスタートさせる。

 4月に入学予定の吉田圭太(世羅)、神林勇太(九州学院)は、地球社会共生学部で勉強する。この学部は大学2年の冬から半年間、留学することが必須になっている。2人はニュージーランドの大学で語学などを勉強しながら、実業団が合宿するという大草原で走り、強化することができるのだ。

「今までは金太郎飴のように"チーム青山"を一律管理して全体の水準を上げてきたけど、箱根3連覇、3冠を達成して次なるターゲットは"世界基準"です。もちろんうちの全選手が世界基準にはならないけど、海外に出て、世界を見据えた取り組みをしていかないといけない。青学のグローバル戦略を推し進めていくということです」

 マラソン強化もそのひとつなのだ。

 既存の枠から何度も飛び出している原監督だけに、「大学のグローバル化」という波にも乗って、選手を海外に送り出す機会が増えそうだ。それが結局、個々の強さにつながり、陸上部全体のレベルアップにもつながる。「箱根駅伝はマラソンにつながらない」というジンクスは、もうすぐ過去のものになるだろう。
 
 町田寮に帰るためにバンに荷物を運び込む。下田はシャキシャキした動きで運ぶが、中村と小田の足取りは重い。「体にキテます」と中村は苦笑いだ。休養していた一色は「全治3、4日なので大丈夫です」といい、見た目からも回復は早そうだ。

「さぁ帰るぞ」

 原監督の声に反応し、全員がバンに乗りこんだ。マラソンのトレーニングは、これからもまだ続く。

佐藤 俊●文 text by Sato Shun