Samsungは、Galaxy Note 7の発火・爆発の原因に関する調査結果を「バッテリーの問題」だったと発表しました。今後は業界標準を超えた厳しい検査体制をとり、再発を防止する方針も示されています。

Galaxy Note 7の事故原因は「バッテリー」と断定

Samsungは、Galaxy Note 7の事故原因に関する調査結果を韓国・ソウルで1月23日に発表しました。
 
調査は、英ケンブリッジ大学、米カリフォルニア大学バークレー校、スタンフォード大学の専門家ら外部の委員を含む700名の研究者が参加して行われ、端末20万台、バッテリー3万台が使用されました。
 
Galaxy Note 7はリコールの前後でバッテリーメーカーを変更していますが、2社のバッテリーそれぞれに問題があった、と結論付けています。
 
これまで、事故原因は薄型化を目指すためのギリギリにパーツを詰め込んだ無理な設計のほか、ソフトウェアにも問題があったのではないか、また、リコールの前後で原因が違ったのではないか、と指摘されていましたが、原因はあくまでもバッテリーに集中していた、というのがSamsungの導いた結論でした。

2社のバッテリーそれぞれに問題

A社のバッテリーは、バッテリー内のマイナス電極周辺で絶縁シートが破損することによる発熱が発生していました。
 
Samsung Galaxy Note 7 事故原因
 
B社のバッテリーでは、絶縁テープが破損しショートが起きていました。
 
Samsung Galaxy Note 7 事故原因

X線検査など「業界標準を上回る」再発防止策を導入

Samsungは、今回の事故を踏まえ、過酷な環境での使用や誤使用が発生した場合を含む耐久性テスト、X線によるテスト、目視による確認、分解検査といった「業界水準を上回る、厳しい基準」による再発防止策の導入を発表しています。
 
Samsung Galaxy Note 7 事故原因
 
また、ハードウェアデザインに際してはバッテリー保護のための方策を講じること、ソフトウェア設計においてはバッテリーの状態を管理する機能を強化する、としています。
 
Samsung Galaxy Note 7 事故原因
 
Samsungが、製品の安全性強化策が、前代未聞の規模のリコールを引き起こした負のイメージからの信頼回復につながるか、注目が集まります。

 

 
 
Source:Samsung (1), (2), (3)
(hato)