写真提供:マイナビニュース

写真拡大

成田国際空港(成田空港)は1月20日、1月24日より航空会社の旅客手荷物ハンドリング業務にサイバーダイン社のロボットスーツ「HAL 作業支援用(腰タイプ)」を試験導入すると発表した。

空港の現場作業には重労働を伴う業務が多く、成田空港は従業員の負担軽減や業務効率化に向けた施策の1つとしてロボットの利活用を促進していくとしている。今回、全日本空輸(ANA)および日本航空(JAL)の協力のもと、重労働の多い旅客手荷物ハンドリング業務を対象にロボットスーツの導入効果を検証する。

検証期間は2017年1月24日〜2月18日で、第1ターミナルのANAチェックインカウンターおよびバゲージクレームエリア、第2ターミナルのJALチェックインカウンターおよびバゲージクレームエリアで行う。チェックインバゲージのハンドリング業務を行うスタッフがロボットスーツを装着し、腰への負担軽減や生産性向上の効果を検証する。

「HAL 作業支援用(腰タイプ)」は人が体を動かす際に脳から筋肉に送られる生体電位信号を読み取り、その信号のとおりに動くことで、物を持ち上げたり動かすなどの重労働で腰部や椎間板にかかる負荷を低減する。

(神山翔)