「被告人」チソン、悲劇的な死刑囚に変身…“強烈な眼差し”

写真拡大

2017年、SBSが披露する最初のドラマである月火ドラマ「被告人」が本日(23日) 初放送を控え、もうこれ以上落ちるところのない、どん底まで落ちた悲劇の死刑囚チソンの姿を公開し、関心を集めている。

本日「被告人」の制作陣は、韓国最高の検察官から、一瞬にして娘と妻を殺した殺人の容疑者へと変わった悲劇の主人公・チソンの、大胆なイメージチェンジが際立つ写真を公開した。まず怖さと混乱など、複雑な感情が込もった強烈な眼差しが雰囲気を圧倒し、緊張感を与える。そしてより一層強くてシャープになった印象だ。これは、世の中で一番過酷で悲しい悪夢を見ることになるドラマチックな人物パク・ジョンウへの期待を高めるのに十分だ。

「被告人」でチソンは、被告人の有罪を立証できなかったことのない韓国最高の検事から、現職の検事として初めて娘と妻を殺した殺人の容疑者になる不運の主人公パク・ジョンウ役に扮し、巨大な権力の裏に隠された真実を明かすために厳しい戦いを始める。

第1話の放送では、ひたすら正義の実現のために生きてきた検察官パク・ジョンウが、希代の悪魔チャ・ミンホ(オム・ギジュン) と不運な悪縁を結ぶことで残酷な陰謀に巻き込まれ、娘と妻を殺した殺人犯の濡れ衣を着せられる過程が緻密に描かれる。信頼して見ることができる俳優チソンのドラマチックな変身と、チソンとオム・ギジュンの火花散らす演技対決は、「被告人」の観覧ポイントになるだろう。

限界を知らない俳優チソンの衝撃的なイメージチェンジが予告されたSBS月火ドラマ「被告人」は、娘と妻を殺した殺人犯の濡れ衣を着せられた検事パク・ジョンウが失った4ヶ月の時間を思い出すために残していく凄絶な闘争の記録で、世の中のすべての人を騙した衝撃的な悪人チャ・ミンホを相手に繰り広げる強烈な復讐の物語を描く。韓国で23日午後10時から放送スタートする。