2017年、私のイチオシ「Jリーガー」(4)
■工藤壮人(サンフレッチェ広島/FW)

 プロのアスリートがブレイクを果たす条件のひとつに、環境の変化が挙げられるだろう。サッカーの場合、変化を生み出す手っ取り早い手段に「移籍」がある。数多くの選手たちが、所属クラブを変えることで、新たな可能性を見出してきた。

 移籍をきっかけに、くすぶっていた過去を払拭した例は枚挙にいとまがない(逆にトーンダウンする場合もあるが......)。近年のJリーグで際立った成果を挙げたケースは、ヴィッセル神戸から川崎フロンターレに移籍したFW大久保嘉人ではないだろうか。前年、神戸でわずか4ゴールだった大久保は、2013年に川崎Fに移籍するや否や26ゴールを挙げて得点王に輝き、3年連続でこの個人タイトルを獲得している。風間八宏監督が標榜する攻撃的なスタイルが、大久保の持っていたストライカーとしての能力を呼び起こしたのは間違いなく、再ブレイクして2014年のワールドカップにも出場した。

 その大久保の成功例を踏まえて、「今季ブレイクするJリーガー」というテーマを考えたとき、真っ先に思い浮かんだのが、MLSのバンクーバー・ホワイトキャップスからサンフレッチェ広島に移籍したFW工藤壮人(くどう・まさと)だ。すでにJリーグで十分な実績があり、日本代表経験もあるストライカーに「ブレイク」という言葉を当てはめるのにいささか抵抗はあるものの、工藤が大久保と同じ道を辿る可能性は十分あると見ている。

 工藤がジュニア時代から所属する柏レイソルを離れ、バンクーバーに旅立ったのは昨シーズンのこと。結果的にMLSではケガもあり、17試合・2得点という不本意な成績に終わったが、異なる環境でプレーしたことに加え、MFアンドレア・ピルロ(ニューヨーク・シティFC)やMFスティーブン・ジェラード(ロサンゼルス・ギャラクシー)といったかつての名手たちと同じ舞台で戦った経験は、日本では味わうことのできない大きな財産だろう。すでに日本でも屈指のストライカーとしての評価を得ていた工藤が、26歳という年齢を考えても、MLSでの1年を経て、さらなる成長を遂げたと考えるのが自然だろう。

 なにより、工藤がブレイクを果たすであろうと考える最大の理由は、広島のスタイルに適した人材であるということだ。

 広島のサッカーは、徹底したボール回しで相手に揺さぶりをかけ、一瞬の隙を突いてゴールを陥れるというもの。とりわけ肝となるのが前線の連動性で、FW佐藤寿人を頂点とする1トップ2シャドーは、変幻自在のコンビネーションで相手守備陣を翻弄し続けてきた。しかし、昨季は得点王にも輝いたFWピーター・ウタカの個の力に依存するパターンが増え、広島らしさは徐々に薄れつつあった。

 長年、エースとして君臨した佐藤の衰えがスタイルの変更を余儀なくされた理由のひとつだろう。その佐藤は名古屋グランパスへと移籍したが、彼と同タイプのストライカーが存在すれば、広島スタイルは復活するはず。佐藤の後継者を模索するなか、白羽の矢を立てたのが工藤だった。おそらく広島のフロントにはそうした狙いがあるはずだ。

 実際に、佐藤と工藤には共通項が多い。両者ともに決して身体能力に優れているわけでもなく、技術が格段に高いわけでもない。しかし、「点を獲る」ということに関しては、国内でも最高峰のレベルにある。スペースを突く動きや、DFとの駆け引き、シュートセンスの高さも含め、両者はゴールを奪うために何をすべきかを知る、いわばストライカーらしいストライカーと言えるだろう。

 実は4年前に、とあるサッカー誌の企画で、このふたりの対談を行なったことがある。そこで感じたのは、ふたりからは同じ匂いがするということ。同じメンタリティを備えているというのか、感覚が似ているというべきか。わかる人にしかわからない会話が成立してしまうため、取材者としてはどこか置いてけぼり感を食らったことを覚えている。

 その際に佐藤は、工藤に対してこんなことを言っていた。

「自分で決めるんだという強い気持ちが、工藤君のプレーからは感じられるんです。僕自身、これまでいろんなFWを見てきましたが、優れたストライカーというのはそういうメンタリティを備えている。常に点を獲らなければいけないというプレッシャーと戦っているし、それは僕も同じ。たぶん、工藤君もそうでしょう」

 一方で、工藤は佐藤のプレーを参考にしていると明かしていた。

「ゴール前でのポジショニングだったり、動き出しだったり。実は対戦しているときも、ウチ(柏)が攻められている場面では寿人さんの動きを見ているんですよ」

 佐藤は工藤を認め、工藤は佐藤をリスペクトしていた。後出しで恐縮だが、そのとき思ったのは、佐藤の後を継ぐのは工藤のような選手なんだろうな、ということ。○藤○人――、そういえば名前も似ているな、なんてしょうもないことを思ったりもしたのだが......。

 工藤は2013年に柏で19ゴールを挙げている。したがって、世間にインパクトを与えるためのノルマは20ゴール以上となるだろうか。この数字を実現したとき、工藤は大久保と同じ道を辿り、佐藤の後継者として認められることになるはずだ。日本を代表するふたりのストライカーを継ぐ者として、2017年、工藤はその第一歩を踏み出す。

原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei