「無限に挑戦」側、一方通行道路での“逆走論争”について謝罪(全文)

写真拡大 (全2枚)

MBC「無限に挑戦」の制作陣が一方通行の道路での逆走論争に関連し、公式に謝罪した。

23日午前「無限に挑戦」側は、公式報道資料を通じて「『君の名は。』編で出演者たちが乗車した車が、一方通行の道路で逆走するシーンが放送されました」と認めた。

制作陣が映像を調べた結果「出演者の車が『臨津閣(イムジンガク) 平和ヌリ公園』で、下の地図の青色の矢印方向に進入した際、赤色の矢印のように一方通行の道路側へ逆走したことが確認されました。制作陣が現場の状況を細かく確認しなかったミスがより大きいと思い、深く反省しています」と謝罪した。

以下は、「無限に挑戦」制作陣のコメント

1月21日に放送された「無限に挑戦」の「君の名は。」編で、出演者たちが乗車した車が一方通行の道路で逆走するシーンが放送されました。

映像を確認した結果、出演者の車が「臨津閣平和ヌリ公園」で、下の地図の青色の矢印方向に進入した際、赤色の矢印のように一方通行の道路へ逆走したことが確認されました。

臨津閣の上側の駐車場へは出演者の車だけが上がり、残りの車は下側の駐車場で待っていた状況だったので、スタッフも出演者の車が逆走していた事実を、注意深く認知することができなかったようです。

「君の名は。」編は、現場で即興的に場所を探していくコンセプトの撮影でした。

そのため当時、場所に慣れていない運転手の誤った判断によるミスで逆走をしてしまいました。

しかし、制作陣が現場の状況を細かく確認したなかったミスがより大きいと思い、深く反省しています。

視聴者の皆様に心配をかけましたこと、心からお詫びし、今後さらに注意いたします。