現代人の「めまい」は首から起きる?(shutterstock.com)

写真拡大

 めまいを訴えたことのある人というのは、意外に多いのではないだろうか? そして、めまいを生じた場合、何科を受診すれば良いのかわかっている人は、どのくらいいるだろうか?

 めまいという症状は厄介だ。というのも、その原因が数多く考えられるからだ。大別すると「脳からくるめまい(中枢性めまい)」と「耳からくるめまい(性発作性頭位めまい症やメニエール病など)」がある。

 脳出血や脳梗塞からめまいが生じること、また、内耳が原因でめまいが生じることは昔から知られている。めまいが起きれば、脳神経外科や耳鼻科を受診する人も多いだろう。

 たとえば、「良性発作性頭位めまい症」は、「耳石」と呼ばれる耳の中の石が内耳から剥がれて起きる。姿勢(特に頭の位置)を変えることで耳石が動き、その刺激によってめまいが生じる。そのため、脳神経外科や耳鼻科で診断を受ければ、めまいの原因が判明するだろう。

 だが、最近、新しい原因が注目されている。<首が原因で起きるめまい>だ。

日常生活に潜む「頚性めまい」

 首からくるめまいは、専門家の間では「頚性めまい」と言われている。その名の通り、頚部が原因で生じるめまいのことだが、これが日常生活によく潜んでいる。

 首が原因でめまいが生じる「頚性めまい」のメカニズムはどのようなものか? 頚部には脳へつながる「椎骨動脈」という血管が通っている。この血管の血流が阻害されると、めまいが生じることがある。

 頭をひねったり、反らしたときに血管が圧迫され、脳への血の流れが悪くなることがある。これが原因で頭痛やめまいを引き起こす。

 いわゆる「肩こり」の人も注意が必要だ。頚部の筋肉は頭と体を繋いでいるため、その筋肉が硬くなると、頭部にも影響を与えてしまう。その結果、めまいや頭痛招くことがある。

 また、頚部の周囲の筋肉が緊張することで、自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスが崩れてしまい、めまいが生じるという説もある。
肩こりと一緒に、めまいも改善

 現代人には手放せない、スマホやPCなどのデジタルデバイス。操作時間の増加により、頚部に負担がかかっていることは容易に想像できる。その結果、肩こりや首の痛みだけではなく、めまいも引き起こしやすくなってしまっているということは知っておいたほうが良いだろう。

*関連記事「首が変形する! スマホの使用姿勢が招く新しい現代病『テキストネック』」

 もし、めまいが頻繁にあり、スマホやパソコン作業を多く行なっていることを自覚していて、さらに肩こりの症状があれば、それは頚性めまいの可能性がある。一度、医療機関で検査してもらうことをおすすめする。

 ちなみに、もしめまいが首から来ているという可能性が高い場合、まず初めに自分で行えることは、首周囲の筋肉のストレッチ、パソコン作業などでの同姿勢を避けるなどである。

 実際に、めまいと肩こりを訴えていた人で、肩こりを治すための姿勢指導と簡単なストレッチを指導し、肩こりを改善した結果、めまいも同時に改善された、という人を何人も見ている。

 新たな現在病になりうる「頚性めまい」を防ぐのは、首への負担軽減がカギになる。
(文=編集部、監修=三木貴弘)


三木貴弘(みき・たかひろ)
理学療法士。日本で理学療法士として勤務した後、豪・Curtin大学に留学。オーストラリアで最新の医療、理学療法を学ぶ。2014年に帰国し、東京の医療機関に理学療法士として勤務。現在は札幌市の整形外科専門の医療機関に勤務。その傍ら、一般の人に対しても正しい医療知識をわかりやすく伝えるために執筆活動にも力を入れている。執筆依頼は、"Contact.mikitaka@gmail.com"まで。

三木貴弘(みき・たかひろ)
理学療法士。日本で理学療法士として勤務した後、豪・Curtin大学に留学。オーストラリアで最新の理学療法を学ぶ。2014年に帰国。現在はクリニック(東京都)に理学療法士として勤務。一般の人に対して、正しい医療知識をわかりやすく伝えるために執筆活動にも力を入れている。