2017年1月23日、台湾行政院主計処が、2016年12月の就業統計データを発表した。

 報告によると、台湾2016年12月の就業者数は、11月から8000人増加し、1131万5000人に達した。
 12月の失業者数は、11月から9000人減少し、44万6000人となっている。
 これにより台湾2016年12月の失業率は、11月から0.08ポイント下落し、3.79%に低下した。

(China Press 2017:IT)