現役メジャー青木宣親が考える 能力の100%を発揮できる「最大集中」とは

写真拡大

青木への質問「打席で緊張…どうしたらリラックスできる?」、答えは「ポイント作り」

 米大リーグで今季からアストロズでプレーする青木宣親外野手が21日に都内でMLBジャパン主催の野球教室に参加した。昨年創設されたリトルリーグ全国大会「MLB CUP」で優勝した武蔵府中リトルの小学生と保護者を対象とした約2時間の指導では自身のノウハウを惜しみなく伝授。現役メジャーリーガーならではの「能力の100%を発揮できる方法」のヒントを明かした。

 野球教室の最後に行われた質問コーナーが行われた時だった。保護者の一人から、こんな質問が飛んだ。

「打席では緊張してしまう子供たちが多い。どうしたら緊張することなく、リラックスして力を出させることができますか?」

 楽天・茂木栄五郎ら、プロ野球選手を何人も輩出している強豪チームでも打席になると緊張し、100%の力を発揮できないこともあるという。そんな悩みに対し、青木はメジャーで「僕がやっていること」として、こう答えた。

「球場ごとに『ポイント』を作るんです」

「ポイント」は補足するなら「『集中』のポイント」となるだろう。青木は球場の外野フェンスに書かれている文字を指さし、「例えば、ああいうものがポイントになる」と言った。

「ネクストバッターズサークルで待つ時、自分が決めたポイントを数秒間、じーっと見るんです。その時はポイントを見ることしか考えない。これをしたら集中するぞ、と決めてやっておくんです」

 チャンスで、あるいはピンチで打席に向かう際、気持ちが高ぶったり、弱気になったり、また大歓声が耳に入って気持ちが乱れることもある。そういう状況でも一瞬、「無」になって、不要な心の重圧を排除する視覚的要素を作り、集中に結び付けていく。

 こうして青木は世界最高峰の舞台でも結果を残し、すでに4年間、メジャーの第一線でプレーしている。その「ポイント作り」は野球だけでなく、ほかの競技にも置き換えられるだろう。ポイントは本人が決めさえすれば、どこでも作り出すことができるからだ。

「メジャーの選手は、ここぞでの集中力がすごい」、その理由とは?

 青木自身、日本人とメジャーリーガーのメンタルの強さに違いがあると指摘した上で「向こうの選手は、ここぞという場面での集中力がすごい」と明かした。その理由も、明確にあるようだ。

「メジャーには1球団に1人、メンタルトレーナーがついている球団もある。向こうはそういう文化が発達していて、この方法も実際にメンタルトレーナーから教わったもの。最大集中に結び付ける、一種のマインドコントロールかもしれない。例えば、日常生活でも朝起きてジュースのラベルをじっと見つめて、それを何秒間、集中できたか測ったりすることもあるんです」

 心・技・体の「心」の部分が進んでいるというメジャー。その中で教わったメンタルトレーニングを明かし、父兄、選手たちも一様に目からウロコが落ちた様子だった。

 そして、野球教室の締めくくりの挨拶として、子供たちに送ったメッセージは青木オリジナルの「心」の重要性を説いたものだった。

「自信をもってやっていってほしい。一番、大事なのは自分が『できる』と思うこと。監督、コーチにダメだと言われる時もある。でも、バカみたいに思ってもいい。そう思い続けることで、いつかできるようになるから。それはプロ野球選手になって特に感じること。なんとか打ちたい、盗塁したい、そういう厳しい状況でも、自信をもって『できる』と思い続けることを今も大事にしています」

 能力を最大限に発揮する「集中」と自分自分を信じ抜く「自信」の2つを身に付けることが、成長と活躍を目指す上で大きな力となっていくだろう。