かもめんたると即興劇のためのトレーニングを行うさくら学院の生徒(左から有友緒心、新谷ゆづみ、麻生真彩、岡田愛)

写真拡大

アイドルグループ・さくら学院が1月21日、22日の両日、神奈川・はまぎんホールヴィアマーレにてイベント「公開授業」を開催した。

【写真を見る】凛々しい! 剣舞を披露する黒澤美澪奈/写真=Yosuke Kamiyama

さくら学院の「公開授業」は毎回各ジャンルの専門家を講師として呼び、さくら学院の生徒たちが知見を広めるという企画で、不定期で行われている。

1日目の21日は「剣舞(つるぎまい)の授業2」。「桜月流美剱道(おうげつりゅうみつるぎどう)」を興した宗家・神谷美保子氏、第一師範・松木史雄氏の指導で、剣を持って踊る“剣舞”を学んだ。なお「剣舞の授業」は2013年以来2度目の開催となっている。

2日目の22日は「インプロの授業」。お笑いコンビ・かもめんたる(岩崎う大、槙尾ユウスケ)が、即興劇(インプロヴィゼーション)をさくら学院の生徒たちに指導した。2014年にも「コントの授業」の講師を務めたかもめんたるは、さくら学院担任の森ハヤシ先生とはコントグループ・WAGEでともに活動していたという経験を持つ(森先生がリーダー)。

この「インプロの授業」で注目を集めていたのが岡田愛(中等部2年)。事前に「この授業で自分の殻を破る」と宣言していたからだ。ただ岡田が登場した第1部では、“お笑い好き”を自称する有友緒心(ありとも・つぐみ)がステージで突然「ゆづみんつぐみん(※新谷ゆづみとのコンビ)」としてネタを披露したり、「『かも』さんと『めんたる』さんは、どっちが森先生と仲良かったんですか?」とアドリブをぶっこんだりと、絶好調。授業終了後、森先生に「殻は破れた?」と聞かれた岡田は「…ひび割れぐらいかな?」と不完全燃焼の様子だった。

インプロを主に指導した槙尾ユウスケは、ややグダグダ気味だった第1部を振り返って「有友さん、新谷さんはアイデアが豊富。岡田さん、麻生(真彩)さんはまとめるのが上手」と評価。岩崎う大も「思いついたことを失敗を恐れずやる――インプロの精神を、みんなが見せてくれた」とコメントしていた。