わずか数百円〜数千円で入手できるシングルボードコンピューターは「Raspberry Pi」シリーズが人気ですが、Asusから4K対応のシングルボードコンピューター「Tinker Board」が登場しています。

ASUS - 90MB0QY1-M0EAY0 - Tinker Board | CPC UK

http://cpc.farnell.com/asus/90mb0qy1-m0eay0/tinker-board-2gb-1-8ghz-4k-gb/dp/SC14363

Asus Tinker Board is a Raspberry Pi-like mini PC with a RK3288 processor - Liliputing

https://liliputing.com/2017/01/asus-tinker-board-raspberry-pi-like-mini-pc-rk3288-processor.html

Asus Tinker Board

http://www.slideshare.net/NiyaziSARAL/asus-tinker-board

ASUS Launches Raspberry Pi-Esque 'Tinker Board' With 4K Support | Lifehacker Australia

http://www.lifehacker.com.au/2017/01/asus-launches-tinker-board-its-raspberry-pi-competitor-with-4k-support/

AsusがリリースしたTinker Boardは、CPUに1.8GHz クアッドコアのARM Cortex-A17を採用し、ギガビットLANやBluetooth 4.0、802.11 b/g/n Wi-Fiをオンボードで搭載。また、メモリは2GBで、ストレージ用にMicroSDカードスロットが搭載されています。



USB 2.0ポート、micro USBポート、10/100/1000イーサネットポートのほか、GPIOピンを含む40ピンヘッダーを搭載しており、拡張性も十分そうです。サイズは約86mm×53mmで、Raspberry Pi 3 Model Bと同等の大きさになっています。

以下の画像はTinker BoardとRaspberry Pi 3 Model Bのスペックを比較したもの。注目すべきはベンチマークスコアで、GeekBenchで測定したところ、Tinker BoardはRaspberry Pi 3 Model Bの約2倍となるスコアをたたき出しているのがわかります。



Tinker BoardとRaspberry Pi 3 Model Bのもう1つの大きな違いは価格。Raspberry Pi 3 Model Bが35ドル(約4000円)であるのに対して、Tinker Boardは73ドル(約8400円)と2倍以上の価格になっています。なお、AsusのTinker Boardは記事作成現在のところ、イギリスを含むヨーロッパ諸国でのみ販売中。すでに、YouTubeではTinker Boardの開封ムービーが公開されています。

ASUS Tinker Board unboxing - YouTube