写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●社員の"集中力"をWebで共有
アイウエアブランド「JINS」を展開するジェイアイエヌは、同社のセンシング・アイウエア「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」を使って、企業の生産性を可視化して高めるIoTソリューション「JINS MEME BUSINESS SOLUTIONS(ビジネス・ソリューションズ)」の展開を1月18日より順次スタートした。

ここでは、東京都・原宿にある同製品の旗艦店「JINS MEME フラッグシップストア 原宿」にて開催された同ソリューションのプレス発表会の様子をレポートする。

○身体情報をデータ化するメガネをBtoB領域へ

「JINS MEME」は、メガネとしての形状や機能はそのままに、三点式眼電位センサーと六軸センサーを通じて、視線の移動やまばたきなどを検知し、眠気や集中度、体のバランスなどの生体データを取得できるウェアラブルデバイス。スマートフォンの専用アプリを通じて、心と身体のさまざまな情報を可視化できるのが特徴の製品だ。

このたび提供を開始した「JINS MEME BUSINESS SOLUTIONS」は、従業員の集中状態を「可視化」するのに加えて、その効果を「高める」までをワンストップのサービスとして企業向けに提供するソリューションだ。

JINS MEME 開発担当 井上一鷹氏によれば、近年の「働き方改革」の推進や「マインドフルネス」の導入といった企業の健康経営に社会の注目が集まり、「日本人の働き方」が見直されつつある一方で、その取り組みの成果に対する疑問が多いことが課題となっていることが背景にあるという。

技術的には、JINS MEMEの三点式眼電位センサーが「眼電位」(眼球の動きによる電位の変化)をもとに測定した8方向の視線移動と"まばたき"の状態、そして加速度・角速度(六軸)センサーによる体軸のブレ(姿勢)を検出して「集中状態」を測定するという。「人間は集中するとまばたきの回数が極端に減り、姿勢が安定する」という研究データをもとに集中力を可視化しているという。

○社員の"集中力"をWebで共有

ここからは、同ソリューションの具体的なサービスの説明となった。まずは、Phone Appli(フォンアプリ)の代表取締役社長・石原洋介氏が登壇し、同社が企業向けに提供しているWeb電話帳「Phone Appli Collaboration Directory(PACD)」と連動し、従業員の集中度をリアルタイムに可視化することで社内コミュニケーションの効率化を目指す「"働き方改革"テレワーク支援サービス -コネクテッドオフィスワーカー-」が紹介された。

JINS MEMEを装着したメンバーの現在の集中状態を、Web電話帳にリアルタイムで可視化(アイコン化)することで、「集中状態にある人には電話をかけない」といった、相手の状態に応じたコミュニケーションが可能になるというということだ。

次に、井上氏が紹介したのは、コネクシオと共同で提供する「"働き方改革"アセスメント・サービス」だ。これは、勤務時間の変更やテレワークの導入、フリーアドレス化、オフィス環境の変革といった、企業が行うさまざまな生産性向上施策の効果を測定し、その結果をコンサルテーションに近い形でレポートするというサービスだ。

事例として紹介されたのは、人材紹介サービスを提供するビズリーチの社内エンジニア26名を対象にした実験。1週目にはJINS MEMEをかけて集中度を測定し、その結果をもとに各エンジニアが集中できる時間にシフトして再び残りの1週間をJINS MEMEで測定したところ、1日あたりの集中時間が15分間延びたそうだ。

1年250日働いた場合、単純計算で61時間も集中時間(※作業時間ではない)が延びる計算となり、全体的な生産性の向上が見込まれると説明した。なお、「"働き方改革"テレワーク支援サービス -コネクテッドオフィスワーカー-」と「"働き方改革"アセスメント・サービス」のふたつのサービスについては、「JINS MEME BUSINESS SOLUTIONS」の特設Webページにて、モニター参加企業5社を募り試験運用を実施するという(正式ローンチは4月3日を予定)。

○Apple Watchが休憩タイミングをお知らせ

もうひとつ井上氏が紹介したのが、Apple Watchと連動してオフィス作業時の集中度測定を行い、「集中度」を可視化したり休憩を取るべきタイミングを知らせてくれたりする「JINS MEME OFFICE for Apple Watch」だ。集中力が低下している時に、Apple Watchが1日2回ほど休憩を促してくれるもので、「人間は1日4時間しか集中できない」という学説をもとに作業にメリハリを付けることで、その4時間を効率よく利用しようというものだ。2月中旬よりApp Storeにて専用アプリが無償配布される(watchOS 3.1以上)。

●お坊さんが語るマインドフルネス×JINS MEME
最後に紹介されたのが、インナーコーリングのマインドフルネスビジネスソリューション「cocokuri」において、JINS MEMEを使った集中力トレーニングを提供する「企業向けマインドフルネスソリューション"cocokuri(ココクリ)"」だ。マインドフルネスによって得られる集中力を数値で可視化することで自分の集中状態を把握し、オフィスワークへの還元方法修得を目指す研修プログラムとなっている。企業向けの出張サービスも予定されているとのことだ。

そして、インナーコーリング執行役員 水野由貴氏が登壇。マインドフルネスが集中力を高めるサポートを行うことで、生産性向上による「働き方改革」を促進するとともに、心の病から発生するGDP損失を防ぐことが「cocokuri」の目的であると紹介した。学生を対象とした知能パズルによる集中力の検証結果を例に、マインドフルネスの効果をアピールした。

1回目の計測後にマインドフルネス指導(30分間の簡易版、本来は5時間)を行い、2回目を計測したところ、参加23名の平均集中スコアが14%も上昇したということだ。なお、同プログラムの詳細および申し込み方法は、インナーコーリングのWebサイトを確認してほしい。

○マインドフルネスは日本に合っている?

ここからは、国内外で企業向けマインドフルネス研修を手がける川上全龍氏(京都府・妙心寺 春光院 副住職)とcocokuriのチーフコーチ・井上広法氏(栃木県・浄土宗光琳寺 副住職)を迎え、「マインドフルネスは日本の経営をどうかえるのか?」と題したトークセッションとなった。テーマは「2017年、海外ビジネスシーンにおけるマインドフルネスの動向は?」。川上氏は「北米だけでもマインドフルネスは1000億円規模の市場があり、確立したビジネスとなっているが、一方でマインドフルネスのコーチである"老師"が次々に現れていることが問題視されている」という。

そのため、企業が中心となり"認定講師"を始めているそうだが、その基準がまだ確立されていないとし、「しっかりとした経験や知識があり、彼ら自身がちゃんとしたパフォーマンスができているかどうかが重要だ」と述べた。井上広法氏は「これから日本でマインドフルネスを普及させる場合、お坊さんが講師になるのが良いのかもしれない」と語ると、川上氏は「お坊さんの基準を見直す良い機会になる」と話、ちゃんとしたトレーナーを育てることがマインドフルネスを広めるためには重要であると断言した。

また、モデレーターの井上一鷹氏が「北米と比較してマインドフルネスが普及していない日本にも浸透させるにはどうしたら良いのか?」と尋ねたところ、「マインドフルネスから"スピリチュアルな香りがする"という人もいる。そういった部分をJINS MEMEで客観的に数値化することで、曖昧さを排除してくれるのではないか」と考えを述べた。川上氏も「フィードバックは重要で、自分の状態を知れば知るほど改善したくなるし、継続のモチベーションも上がる」と同意した。井上広法氏は「体調が悪くなると即座に(JINS MEMEで計測した)数値に表れる」という経験から「自分が感じていること以上にJINS MEMEがわかってくれているので、その数値を意識したトレーニングをすることでマインドフルネスを伸ばすことができるのではないでしょうか」と語った。

井上一鷹氏が「日本人は不安を感じやすく集中力や生産性を落としがちな人種で、マインドフルネスの効果が高いのは実は日本人ではないかと思い始めている。"働き方改革"とマインドフルネスは直結しているのでは?」と質問すると、井上広法氏は「ネガティブな物事は"生存"を、ポジティブな物事は"繁栄"を生み出すので、我々はそのバランスを考えなければいけない。日本人は不安を感じやすいとするならば、災害大国である日本で生きていくには、不安要素が強い方が生存のためにはよかったのかもしれない」としながらも、「将来の過度な不安にバイアスが掛かっているのならば、マインドフルネスで物事をありのままに見る必要がある」と述べた。

川上氏は「マインドフルネスの良いところは、自分のバイアスに気づけること。お釈迦様の"あるがままの物事を見なさい"という考え方が今の時代は重要だ」と述べた。続いて井上一鷹氏は「マインドフルネスはその効果を伝えるのが難しく、理屈として"なぜこれが自分にとって良いのか"を学ぶということと、それを継続するためにJINS MEMEがサポートできるのならば、その両方を一緒に作っていけたらいいなと改めて思いました」と締めくくった。

最後に、井上広法氏や水野由貴氏を含めた4名がJINS MEMEを装着して壇上で瞑想し、それを集中力測定アプリ「JINS MEME OFFICE」で計測してそれぞれのデータをチェックするという検証が行われた。姿勢の安定度を示す「調身」、呼吸をいかにリズミカルに深く行っているかを示す「調息」、平常心を保つ「調心」の3つがグラフでリアルタイムに表示された。今回は大勢の記者達の前での瞑想だったうえに、川上氏による解説や瞑想中の人への声がけなどもあり、本来の数値は出なかったようだ。

(早川厚志)