スニーカーブームはまだまだ健在ですが、街でよく見かけるのが残念なほどに汚れたスニーカー。せっかくの白いスニーカーも汚れていてはオシャレが台無し。
今回はそんな悲劇を避けるべく白いスニーカーを真っ白に保つ裏技をご紹介します。(※スニーカーの素材によっては、こちらの裏技が不向きの場合がありますのでご注意ください。)

1: マニキュアで汚れや傷をカバー

白いスニーカーの汚れや傷は小さくても目立ってしまいます。そんなスニーカーの小さな傷をカバーしてくれるのが白色のマニキュア。やり方は簡単! 気になる部分にマニキュアを塗り乾かすだけ。お手軽にできるので試してみても損はないはず!

2: キッチンからお酢を拝借

ちまたではスニーカーの汚れ落とし用クリンザーなども売られていますが、できるだけお金をかけずにスニーカーを白くしたい……そんなときはキッチンからお酢を拝借!
バケツ1杯のぬるま湯にお酢を200cc入れて半日漬け込んでおくだけ! ご家庭にあるお酢を使うお財布に優しい裏技です。

3: 歯ブラシを使ってゴシゴシ

キャンバス地のスニーカーは洗濯石けんでゴシゴシ洗いが基本的。このとき生地に傷がつかないようにいらない歯ブラシを使うのが◎。しつこい汚れには浸け置きがオススメ。ぬるま湯に洗濯石鹸を入れて数時間放置してからゴシゴシしてみましょう。
洗濯石けんはよく洗い流して、スニーカーを風通しのいい場所に置き乾燥させます。ペーパータオルを丸めて靴のなかに入れておくと乾きやすくなります。

4: 油汚れはシャンプーで除去

自転車や道路でついてしまった油汚れはシャンプー洗いがオススメ。汚れが気になる部分にシャンプーをつけて歯ブラシでゴシゴシ荒い。ぬるま湯で洗い流します。油汚れはできるだけ早く洗うのがポイント。

5: 思い切って洗濯機にIN

スニーカーを洗濯機に入れてしまうなんてちょっと勇気がいるかもしれませんが、これが意外に効果的! 気をつけたいのが洗濯水の温度。熱すぎるお湯ではスニーカーの素材を傷める可能性があるので、スニーカーをネットに入れて冷水で洗濯機をまわすのが◎。
脱水まで洗濯機におまかせして、そのあとはスニーカーを風通しの良い場所に置き乾燥させます。手が濡れることもなく忙しいときも簡単にできるのが嬉しい必殺技です。(ただし、素材によってはスニーカーにダメージを与える場合があるのでご注意ください。)

6: 履く度に汚れを拭く

白のスニーカーを真っ白に保つもっともシンプルな方法は毎日のお手入れを欠かさないこと! 家に帰り靴を脱いだら、スニーカーのサイド部分やソールについた汚れをしっかり取り除きます。
また毎日のように同じスニーカーを履かないことも大切。休憩日を与えることによってスニーカーが長持ちします。