ロリ・ロックリン

写真拡大

1987年から8シーズンにわたって放送された人気ファミリーコメディ『フルハウス』、一家の30年後の姿を描き現在Netflixで配信中の『フラーハウス』、両作でベッキーを演じているロリ・ロックリンが、キャストの中のある一人が、ドラマのキャラクターとそっくりであることを明かした。米Entertainment Tonightが伝えている。

女性誌Good Housekeepingに登場したロリによると、『フルハウス』では仕事のパートナーでもあったダニー・タナー役のボブ・サゲットが同役ととても似ているのだという。「このことを言うと彼はとても嫌がるのだけど。ダニー・タナーのように掃除好きだからというわけではないのよ。私はボブが大好きだけど、彼は少し神経質なところがあるのよね」と、その理由を説明した。

彼女は続けて、「私たちはそれぞれのキャラクターを演じる上で多少なりとも大げさに表現していたところがあるのよ。ジェシー(ジョン・ステイモス)のエルヴィス好きだったり、ジョーイはちょっと天然なところあったけど演じていたデイヴは実際はとても優秀なの」と、キャラクターと演じている役者のギャップについても明かした。

ロリ自身は長年ベッキーを演じてきた中で90年代当時の同役の衣装に後悔があるといい、「『フルハウス』のワードローブを思い返すと、どのファッションにも後悔が残っているわ。だってハイウェストジーンズ、ウエスタンブーツ、テントドレスなんかを着ていたのよ? 何を考えていたのかしら。子どもにもからかわれて"ママ、その格好してみてよ"なんて言われるわ」と、恥ずかしい思い出を明かした。

また、ドラマの中ではキャスターとしてバリバリ仕事をする傍ら、母親としてニッキー(ブレイク・トゥオミー=ウィルホイト)とアレックス(ディラン・トゥオミー=ウィルホイト)という双子の子育てにもしっかり取り組んでいたが、実生活の子育てはベッキーとは違ったようで、「家では子供たちに早く寝なさいなんて言わないの。私の方が彼女たちより先に寝ちゃうくらい。9時になると、"あぁ、もう寝ないと"ってなっちゃうのよ」と、親子が逆転していたことを明かしている。

『フラーハウス』はNetflixにてシーズン2まで配信中。(海外ドラマNAVI)