審査員8人の講評 「私たちがこの起業家を選んだ理由」

写真拡大

日本のスタートアップ業界に詳しい8人のランキング審査員が講評した「日本の起業家ランキング2017」の結果から、いまの起業家の潮流と現在地を読み解く。

「”ダントツのトップ”と言ってもいいだろう」(あすかホールディングス・谷家衛会長)
 
Forbes JAPAN「日本の起業家ランキング2017」の1位に輝いたのはメルカリ・山田進太郎だ。中古品の個人売買仲介アプリを運営する同社は16年3月、約84億円の大型資金調達を実施、評価額が推定10億ドル(約1,030億円)を超え、日本唯一の”ユニコーン企業”となった。

特に注目されたのが「ここ1年での米国市場の成果」だ。メルカリは15年から米国へ参入、16年に入り急速に普及した。米アップル「iPhone」向け無償アプリのダウンロードランキングで全米3位に食い込むなど、米国でのDL数は2,000万DLを突破。日本のスタートアップはこれまで、グローバル、とくに北米で苦戦を強いられてきたが、その壁を乗り越えつつある。

「もはや”起業家”の枠から出ている感がある」(マネックスグループ・松本大社長)とし、「日本発グローバル・スタートアップ」最有力候補として3年連続1位に選出し、”殿堂入り”を果たした。
 
今回、ランキング上位の起業家の共通点は「グローバルで通用するか」「社会課題・成長課題の解決につながるか」という問いに答えを出している点。さらに「カッティング・エッジ(最先端)か」がテーマとして注目された。

「グローバル」「カッティング・エッジ」で高く評価されたのが2位ソラコム・玉川憲だ。クラウドを使い「IoT(モノのインターネット)」に対応する通信基盤を提供する同社の特徴は、初期投資額と通信費を抑え誰でもIoTサービスをはじめられる点。インスタグラム、ウーバーを生んだアマゾンのクラウドサービスAWSのIoT版という大構想を描く。

サービス開始から1年で海外展開を本格化、ユーザー数は国内外4,000以上と急成長。「米トップVCにも”刺さる”プレゼンテーションができる、という稀有な起業家兼技術者。経営陣の技術力とその理解度も高い。今後に期待できる」(WiL・伊佐山元共同創業者CEO)。

「社会課題・成長課題の解決」が高く評価され3位にランクインしたのがラクスル・松本恭攝だ。印刷業界に”シェアリング・エコノミー”で変革を起こす同社は15年12月から、物流業界にも参入。配送事業者をつなぐ「ハコベル」を開始した。遊休資産の有効活用モデルで、地方も含めた中小企業の事業創出を実現し、一方でユーザーとなる中小企業向けにも印刷だけでなく、マーケティング、配送と事業を拡大。直近1年で92%の売上増と好調のなか、”伸びしろ”はまだある。

日本で初めてのミューチュアルファンド(投資信託)からの調達も実現させたことも評価につながった。「ここ1年で経営者としての資質、経営能力が格段に伸びた点の評価は高い」(グローバル・ブレイン・百合本安彦CEO)
 
今年、米食品医薬品局(FDA)の認可取得をした電動車いす開発・販売のWHILL・杉江理が6位にランクイン。「100m先のコンビニも諦める」というユーザーの課題解決を技術力とデザインで行う発想やビジョンの新しさが、日米ともに本格展開することが評価された。

8位のアストロスケール・岡田光信は、宇宙ごみ(デブリ)除去という壮大な社会課題解決を目論む。人工衛星やロケットの残骸など増え続けるデブリに対し、世界初の事業化を目指す。18年前半にかけてデブリ観測・除去衛星を打ち上げる計画だ。

「衛星を支える技術は、日本の中堅・中小企業のものが多く、文字通り『下町ロケット』。日本政府の宇宙計画にも世界ではじめてデブリ除去が記載されるなど、まさに社会課題を解決する国家プロジェクト」(産業革新機構・土田誠行専務)
 
9位のライフロボティクス・尹祐根も、人と協働しピッキング作業などを行うコ・ロボットで、社会・成長課題解決を狙う。特徴は独自技術により、人の肘に相当する部分がなく、人がいる狭い空間でも安全に作業できる点。トヨタ自動車、吉野家など導入先が多岐にわたり、生産現場の人手不足や単純作業の負担解消を行う。「最もシンプルな民生用ロボットとして世界中の市場開拓が可能。あらゆる産業分野、現場における多面的な市場創出が期待できる」(フィスコ・狩野仁志社長)。
 
4位はビズリーチ・南壮一郎。「今までランクインしなかったのが意外。経営およびグローバルなセンスはトップ10起業家の中で出色」(グロービス・キャピタル・パートナーズ・仮屋薗聡一マネージング・パートナー)。KDDIが子会社化したネット通販「ルクサ」も、同社の一事業としてはじめており、起業家としての成功事例をすでに持つ。従業員数677名と雇用創出している点も評価した。
 
5位のクラウド名刺管理サービスのSansan・寺田親弘もこの1年で、ビジネスSNSとして確固たる地位を確立、収益モデルへと導いた経営手腕が評価された。フィンテック企業として圧倒的な存在感を持つ2社も「実績」「成長性」が評価された。

7位の家計簿アプリ・クラウド会計提供のマネーフォワード・辻庸介は多数の大手金融機関との資本業務提携、サービス連携など起業家としての「巻き込み力」。10位クラウド会計のfreee・佐々木大輔は、トップシェアを誇るクラウド会計でのシェア増加、クラウド給与でもトップシェア、バックオフィス業務の効率化のためのAI(人工知能)研究の強化も行う「正面突破」を狙う起業家のスタンスが評価に繋がった。

今年に入り、上位起業家の多くが、数十億円規模の大型資金調達を行った。こうした傾向についてC Channel・森川亮社長は「小さくIPO(新規株式公開)やM&A(合併・買収)するのではなく、規模感が大きくなっていることはスタートアップ・シーンにいい循環を生むだろう」と話す。日本経済を変えるような、世界に通用するメガベンチャーを支援するーというランキングのミッションが実現される日も近づいているのかもしれない。

FORBES JAPAN 「日本の起業家ランキング」 ランキング評価委員会

Forbes JAPAN「日本の起業家ランキング2017」ランキング評価委員会は10月12日に開催された。弊誌・高野真編集長をモデレーターに、日本のスタートアップ業界に詳しい計8人の評価委員会メンバーから、ショートリストの起業家30人についての意見を聞き、ランキング上位集団を選定。最終的に、委員の投票によって順位を決めた。

マネックスグループ / 松本 大 / 代表執行役社長
まつもと・おおき◎1987年東京大学法学部卒業後、ソロモン・ブラザーズを経て、ゴールドマン・サックスに勤務。99年、ソニーとの共同出資でマネックス証券を、2004年にはマネックスグループを設立。以来、両社の社長CEOを務める。

あすかホールディングス / 谷家 衛 / 取締役会長
たにや・まもる◎東京大学法学部卒業後、ソロモン・ブラザーズ、チューダー・キャピタル・ジャパンを経て、同社のMBOにより、あすかアセットマネジメントを設立。同社CEOとして現在に至る。ライフネット生命などの創業支援をした。

産業革新機構 / 土田誠行 / 専務取締役 共同投資責任者
つちだ・しげゆき◎早稲田大学法学部卒業後、日本長期信用銀行(現・新生銀行)、農林中央金庫を経て、2007年あおぞら銀行執行役員就任。09年産業革新機構入社。16年6月より現職。戦略投資グループ長などを兼任。

グロービス・キャピタル・パートナーズ / 仮屋薗聡一 / マネージング・パートナー
かりやぞの・そういち◎1991年慶應義塾大学法学部卒業。米ピッツバーグ大学MBA修了。三和総合研究所を経て、96年にグロービスのベンチャーキャピタル事業設立に参画、現在に至る。2015年より日本ベンチャーキャピタル協会会長。

C Channel / 森川 亮 / 代表取締役
もりかわ・あきら◎筑波大学卒業。青山学院大学MBA修了。日本テレビ放送網、ソニーを経て、2003年にハンゲームジャパン(現・LINE)に入社。07年に社長就任し、15年3月に退任、顧問就任。同年4月にC Channelを創業した。

WiL / 伊佐山 元 / 共同創業者CEO
いさやま・げん◎1997年東京大学法学部卒業後、日本興業銀行(現・みずほフィナンシャルグループ)に入行し、2001年から米スタンフォード大学ビジネススクールに留学。米DCM本社パートナーを経て、13年にWiLを設立。

フィスコ / 狩野仁志 / 代表取締役社長
かのう・ひとし◎慶應義塾大学法学部卒。邦銀、外資系金融機関を経て、2010年3月にフィスコ社長に就任。日本最大のIR情報プラットフォーム構築を目指すと同時に、仮想通貨取引所創設などFintech事業を推進中。

グローバル・ブレイン / 百合本安彦 / CEO
ゆりもと・やすひこ◎京都大学法学部卒業。富士銀行(現・みずほ銀行)、シティバンク・エヌ・エイ バイスプレジデントを経て、1998年にグローバル・ブレインを創業し、社長に就任、現在に至る。