「新人イジメ」は当たり前……!? お局さまがよくする言動6つ!

写真拡大

何年も同じ職場で働いていると、いつの間にかおつぼねさまと呼ばれる立場になっていることもありますよね。なるべくまわりから恐れられないように、言動には気をつけたいものです。職場にいるおつぼねさまがよくする言動を、働く女性にこっそり打ち明けてもらいました。

(1)若い子をいじめる

・「若い子をネチネチ説教する。そういうのが楽しいんだと思う」(33歳/不動産/専門職)
・「若いかわいい新入社員の女性をいじめる」(23歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

若い子がいると、ついいじめたくなってしまうのが、おつぼねさまの特徴のようですね。普通に話しているつもりでも、しらぬ間にキツイ口調になっていることもあるかもしれませんね。

(2)悪口を言う

・「人の悪口を言いまくることなど」(33歳/情報・IT/事務系専門職)
・「いつも人のうわさ話をさがしていて悪口でしか会話ができない」(24歳/建設・土木/経営・コンサルタント系)

人のうわさ話や悪口が大好きなのは、おつぼねさまに限らず、女性の特徴と言えそうですね。でもできれば年齢を重ねたら、人の悪口を言うのは控えたいものですよね。

(3)昔は〇〇だった

・「昔はこうだった、ああだったと以前のやり方を主張する」(31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)
・「昔はこうだったのに、なんでいまさら規則を変えるの。と言われるけど、おつぼねがずるいように規則を替えてるから戻そうとしても黙っていない」(31歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

昔の話ばかりされても、若い世代の人には理解できないもの。仕事をしている上で、まわりが変化していくことは避けられないので、昔のやり方に固執しないようにしてほしいものですね。

(4)細かいことをチェック

・「掃除の後に、ホコリが残ってないか指でチェック」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「小姑のように細かいことを注意する」(28歳/その他/専門職)

あまりにも細かいことを気にしてしまうと、まわりからもうるさいおつぼねさまだと思われるのでは。全体を見るようにしないと、適正な指示ができなくなってしまいますよね。

(5)今の子はいいわね

・「”今の子たちは守られてていいわね〜”。昔はセクハラでも何でもアリだったらしい」(31歳/金融・証券/事務系専門職)
・「今の子は何でも機械化されてるからラクでいいわね〜」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

今の子をうらやましがるおつぼねさまもいるようですね。一つずつ乗り越えてきた経験値こそ、おつぼねさまの強みになっているようにも思えるのですが。

(6)愚痴を言う

・「誰が気に食わないかを愚痴っているイメージ」(30歳/通信/専門職)
・「部長に関する愚痴をよく聞かされて面倒くさい」(26歳/機械・精密機器/事務系専門職)

愚痴っぽいおつぼねさまが近くにいると、まわりの人も大変かもしれませんね。仕事ができる人よりも、愚痴を聞く人のほうが、おつぼねさまのお気に入りになりそうですよね。

■まとめ

あこがれの的になるようなおつぼねさまならいいですが、嫌みを言ったり、意地悪をしてくるようなおつぼねさまだと、仕事も楽しくできないもの。反面教師の見本と思って、適当に相手をするのが良さそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数124件(22〜34歳の働く女性)