韓国のタイヤ製造会社・ネクセンタイヤ(NEXEN TIRE Corporation)とトヨタ系商社の豊田通商は、日本で自動車用タイヤ販売の合弁会社を設立し、日本市場へ本格参入することになりました。

1

合弁会社の「ネクセンタイヤジャパン(NEXEN TIRE JAPAN INC.)」は、ネクセンの自動車用タイヤブランド「NEXEN(ネクセン)」・「ROADSTONE(ロードストーン)」の日本販売総代理店として、2017年1月から販売を開始します。

いままでネクセンは、日本国内の契約代理店を通じてタイヤを販売していましたが、今後は豊田通商のブランド力とネットワークを利用して、交換用タイヤだけではなく新車装着用としても自動車メーカーへの売り込みを図ることになりそうです。

ネクセンでは、ポルシェ・カイエンの新車装着用タイヤに選ばれたこと、グッドデザイン賞を受賞したことでイメージアップを図り、日本市場へ食い込む構えです。

今後、日本車メーカーがネクセンを新車装着用タイヤとして選ぶかに注目が集まります。

(山内 博・画像:ネクセン)

韓国・ネクセンタイヤが日本市場へ本格参入。豊田通商と合弁会社を設立(http://clicccar.com/2017/01/23/439450/)