中国で働くとしたら、どんな仕事があるのだろうか。(写真はイメージ)


 中国に渡ってからの15年間、留学から起業に至るまでの道のりを振り返っている。

【第1回】「中国語ができないと猫柄のタオルを買わされる」(http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/48280)
【第2回】「少林寺でいきなりスカウトされた中国語武者修行の旅」(http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/48426)
【第3回】「『出口どこ!?』ウイグルの砂漠で死ぬかと思った話」(http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/48609)

 これまで、留学生活での旅行やトラブルの中で、中国のいろいろな面に触れてきたことを紹介してきた。そんな濃厚な留学生活も終わりが近づき、その後の進路を考えざるを得なくなっていた。

留学後の選択肢

 そうこうしているうちに、僕の留学生活もあっという間に終わりに近づいた。

 留学が終了した後の選択は3つあった。(1)日本へ帰って仕事を探す、(2)中国に残って中国で仕事を探す、(3)もう少し中国語を勉強するという3つだ。

 日本へ帰って仕事を探すといっても、その頃の日本はますます景気が悪くなっていて、文学部上がりの多少中国語ができる人間など雇ってくれるところは無かったし、もう少し中国語を勉強するにしても留学資金は底をついていたので、結果としては2番目の選択しか残っていなかった。

 こうして、僕は上海に残って仕事を探すことになった。しかし、ほとんど社会人経験や日本企業での仕事の経験が無い僕が上海で仕事を探すというのは、いくら中国語を解する日本人が貴重だった当時であっても容易なことではなかったし、内気でかつ自堕落な上、どこか甘えたところもあり、必死になって仕事を探していなかったあの頃は、思えばかなり愚かだった。

 とはいえ、お金は日に日に減っていく。何とか仕事を見つけないと冗談抜きに餓死だとさすがに焦り始めたその頃、やっと仕事が見つかった。ちなみに、仕事が見つかって働き始めた1日目の時点での所持金は、日本円にして6800円だった。

日本語学校の教師

 やっとのことで見つかった仕事は、日本語学校の先生だった。中国人に日本語を教えるという仕事だ。その当時もすでに上海にはたくさんの日本語学校があって、学費が安いところでは半年で300元、教室に生徒が60人の大講義といったものから、高いものではマンツーマンで1時間300元という高級なものまでさまざまだった。

 僕が就職したのは、その中でも比較的授業料が高い日本語学校で、やってくる生徒さんも、お金持ちのお子さん、日本企業の中国人社員(会社が費用負担している)、ご主人が日本人という中国人の奥様など、比較的裕福な生徒さんが多かったように思う。

 その中でなんと言っても一大勢力を誇っていたのは、夜のお仕事をしているお姉さんたちだった。日本語ができるとそういう日本人向けのお店で働くことができるので、収入が増えるという直接的なモチベーションもあるせいか、とても意欲的な生徒さんが多かった。そして何より、普段から日本人との接触があるせいか、飲み込みも非常に早く、驚くほど短期間の間に皆、日本語が上手になっていった。

 そういう出来のよい夜のお姉さんたちに日本語を教えるのは楽しくはあったけれども、唯一困ったのは、そういうお姉さんたちは出勤前に準備万端で来ることだった。まず、衣装がものすごいので目のやり場に困る。また、香水のにおいがとんでもなく強烈で、家に帰ると自分のスーツが嗅いだことのない香りを放っていた。

 そういう多少困ったことはあったものの、基本的には中国の人に日本語を教えるという仕事はやりがいもあれば、勉強にもなったし、逆に僕の中国語もこれで急速に上達することになった。何より先生である以上、大勢の生徒さんの前で話をしなければならないので、このたくさんの人の前で中国語で説明をするという体験は、後に起業した際に非常に役に立つ経験になったと今でも思う。

「日本語を教える」難しさ

 とにもかくにも、僕の中国仕事生活は始まった。最初は、日本人なら日本語くらい簡単に教えられるだろうと思っていたが、働き始めてそれが甘い考えだと気づくのに大した時間はかからなかった。

 まず、「日本語が分かる」ということと「日本語を外国人に教える」というのはまったく別のことだ。

 簡単な例を挙げると、「ドアを開ける」と「ドアが開いている」の違いを中国の人に教えるとなると、これは相当に難しい。言葉で説明してもまったく理解してもらえないので、身振り手振りを交えて「ドアを開ける」と「ドアが開いている」を必死に説明するのだが、その様子は、はたから見ているとジェスチャーゲームに近い。それでも、クラスに10人いれば分かってくれるのは半分いればいい方で、完璧に理解してもらうことは不可能に近かった。

 学校には日本人の先生と中国人の先生がいたのだが、中国人の先生はやっぱりそういう中国の人が理解しにくい部分や文法を、自分の経験も交えながら教えるのがとても上手で、日本人ではそうしたことをうまく説明するのは難しい。逆に日本人の先生は母国語というので、存在自体が生徒さんから受け入れられやすいし、自分たちの生活習慣や文化、体験などが全て授業のネタになるという強みがあった。

 日本はこんなことがあって、日本人はこんなことを考えていてと話をするだけで、生徒さんがとても興味を持って聞いてくれる。それは、毎回事前に資料を準備して、当日大勢の生徒さんの前で説明して、質問を受けるという、なかなか大変な仕事のモチベーションにもなった。そして、前述したように、この経験は現在の仕事にもとても役だっている。

 とはいえ、いくら日本人だからといって、そうそう毎回新鮮なネタがあるわけでもないし、文法などもしっかりと教えないといけないので、事前の準備は相当に大変だった。授業は1コマ50分だけど、その50分の授業のための準備は最低でも1時間はかかるわけで、1日に4コマ持ったとすると、準備には3時間は普通にかかっていた。

 教科書を一周すれば、次回は準備したものが再利用できるから多少楽になるとはいえ、それをやると今度は授業がつまらなくなっていく。学校とはいっても、日本語スクールは商売なので、先生の授業がつまらないと学生さんもだんだん来なくなる。他の先生の授業で、スタート時は生徒さんの数が20人だったのが最後は4人になっているのを見ると、これは相当なプレッシャーで、やはり毎回新鮮なネタを準備せざるを得なくなる。

 日本語を勉強しに来ているのだから、そんなにいろいろやらなくても教科書の内容を普通に教えればいいし、それで来なくなる人がいるなら、それはその生徒の問題だから気にすることはない、という考えの人もいた。

 だが、僕個人としては、お金をもらってサービスを提供しているという意味では日本語学校もその他のサービスと同じなのだから、そこまで割り切ってやってしまうのはせっかくお金を払って来てくれている生徒さんに失礼だなあと思っていた。

 実際はそんな偉そうなことを言うまでもなく、中国の人に日本語を教えるのは楽しかった。準備は非常に大変だったけれども、人前で何かを説明すること、その反応を見ながら話題を微修正しつつ、うまく皆を参加させる空気を作ること、会話の中から生徒さんのニーズをくみ取ることなど、日本語を教えることで身につけた技術は非常に多かった。

 そして何より一番大きかったのは、先生を経験したことで性格が多少外向的になったことと、猫背が治ったことだった。

(続く)

筆者:宮田 将士