ここくま

イワヤ株式会社と株式会社NTTドコモ、バイテックグローバルエレクトロニクス株式会社、MOOREdoll Inc.の4社は、人感センサーによる見守り機能を搭載したクマのぬいぐるみ型コミュニケーションロボット「コミュニケーションパートナー ここくま」を1月25日に発売すると発表した。同製品は、離れて暮らす家族と音声メッセージで連絡が取れるぬいぐるみ型ロボット。ぬいぐるみの左手の録音ボタンを押して話しかけると、離れて暮らす家族のスマートフォンなどに音声メッセージを送ることが可能で、右手の再生ボタンを押すと、離れて暮らす家族がスマートフォンアプリに吹き込んだ音声メッセージを聞くことができる。

スマートフォンアプリからは、「ここくま」本体に音声メッセージを送ることが可能で、送信する音声メッセージには「うれしい」「かなしい」など、「ここくま」本体の表情を設定できる。

「ここくま」本体には人感センサーを搭載し、人が近くにいるときに天気や季節の話題を話したり、利用者の名前で呼びかけたり、誕生日をお祝いしたりする。また、「ここくま」本体に送ったメッセージが再生されているかどうか、お話し機能が利用されているかどうかについて、離れて暮らす家族のスマートフォンから確認できる。イワヤ株式会社
価格:34800円(税抜)
URL:http://www.cocokuma.net/
2017/01/23