日本シリーズで対戦相手である近鉄の加藤哲郎投手に暴言を吐かれて奮起、3連敗から一転、4連勝して日本一をもぎ取った巨人選手たち。1989年(平成元年)のプロ野球はプレーや記録ではなく、こうした舌禍事件や乱闘で世間を賑わせた。 写真:報知新聞/アフロ

写真拡大

世の中の気分がおかしくなっていたバブルの真っ最中だった平成元年(1989年)は、プロ野球界にとっても激動の一年だった。それもプレーがどうの、記録がなんのということではなく、口やバットが災いを招いたという騒動である。(ノンフィクションライター 和泉虎太郎)

「要らぬ一言」が
敵に火をつけた!

 稼働10年、17勝12敗、防御率4.60--引退したらすぐにでも名前を忘れられそうな、ごく平凡な中継ぎ投手だが、プロ野球史上、おそらくもっとも危険な一言を口にしてしまったことでその名を残しているのが、加藤哲郎投手(近鉄ー広島)である。

 時は1989年10月24日、プロ野球日本シリーズ第3戦、巨人対近鉄(東京ドーム)。加藤は2連勝した近鉄の先発として登板し、6回3分の1を3安打無失点。勝利投手になって日本一に王手をかける。

 試合後のインタビューで、加藤はこう言い放った。

「今の巨人なら(最下位だった)ロッテの方が強い。このチームに負けたら西武、オリックスに申しわけない」
「あした(優勝が)決まるから、もう登板することもないでしょう」

 後に加藤氏は、記者に誘導された発言だったと弁明している。しかし、相手は球界の盟主、巨人である。ただでさえプライドの高いスター軍団に、面と向かってケンカを売ったわけだ。「ロッテより弱いといわれ、お前ら悔しくないのか」と球団幹部は選手たちにハッパをかけた。勝負の世界に生きていたら、だれでも同じことを言っただろう。その一言が効いたのか、一転、4連勝して日本一となった。

 近鉄球団は2004年、親会社のリストラによって、オリックスと球団合併して消滅したが、加藤哲郎氏はいまも野球解説者、タレントとして活動している。こちらは間違いなく、要らぬ一言のおかげである。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)