22日、中国メディアの中国新聞網が、中国の人口は男女比が極めて不均衡であることを伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2017年1月22日、中国メディアの中国新聞網が、中国の人口は男女比が極めて不均衡であることを伝えた。

国家統計局によると、16年末の時点の中国の総人口は13億8271万人となった。そのうち、男性が7億815万人、女性が6億7456万人で、男性の方が女性より3359万人多いという。専門家は、配偶者を探すのが厳しい状況になっているとしている。

このニュースが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で伝えられると、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「一人っ子政策が諸悪の根源」
「女の子を堕胎してきた報いだ」
「やはり男尊女卑の考えゆえだろう。教育から変えて行かないとこの先男女比のバランスはもっと悪くなる」

「都会では女余り、田舎では男余り」
「ならばどうして私は彼氏が見つからないのだろう」
「一妻多夫にしてもいいということですか」

「男は全員女が好きとは限らない」
「別に恐れることはない。恋愛の対象は異性だけではない」
「解決方法は2つ。同性婚を認めることと戦争だ」

「結婚しなければいいだけ」
「実際には3億人多いのだと思う」
「1人の男が愛人を何人も囲うからもっと少なくなる」

「だから国は一人っ子政策をやめたのか。役人の愛人が足りなくなるからな」
「でも農村には戸籍のない女性がたくさんいるよ。人口調査では含まれない人たちだけど、彼女たちも女性だ」(翻訳・編集/山中)