大きな目標を掲げるDFタビナス・ジェファーソン「半年でA契約」…魅力は「突破、クロス、対人守備」

写真拡大

▽22日、川崎フロンターレが2017シーズンの新体制発表会を行った。

▽桐光学園高校から加入したDFタビナス・ジェファーソンが発表会後に記者の囲み取材に応対。川崎Fのイメージや自身の特徴について語った。

◆DFタビナス・ジェファーソン

──改めてフロンターレの一員になった気持ちは

「温かいサポーターの方がたくさん居て、このチームに来て良かったなと感じています」

──キャンプをやってみてチームの印象は

「上手い選手ばかりで、どこのJクラブにも負けないぐらい質の高い選手と、質の高い練習、質の高いスタッフがいます。間違いなく日本一の練習をしている自信はありますし、その中で自分はもっともっと個性や特徴を発揮していきたいです」

──高校時代はポテンシャルを出し切れなかったというのがあったかと思うが

「(全国高校サッカー選手権の)1回戦で、皆さんが大きな期待を懸けてくれましたが、あっさりと終わってしまいました。リベンジではないですが、この舞台、次のステップでもっと成長していけたらと思います」

──等々力での1回戦からはどれぐらい切り替えるのに時間がかかりましたか

「自分のオフがあけて自主練を始めた頃には、ここで自分がサッカーで飯を食べていくわけで、切り替えなきゃいけないと思いました」

──半年でA契約になりたいと言っていましたが

「そこは自分で掲げた目標です。自分にプレッシャーをかけるという意味でも、本当に半年でA契約、それだけの出場回数を目標にして、1試合でも多くこのチームがタイトルを獲るために欠かせない存在になりたいと思います」

──チームに何をもたらせたいですか

「左サイドから仕掛けたり、長い距離を走ったり、チームのために身体を張るのが自分の仕事だと思っています。そこをチームにもたらせたいです」

──同じポジションで左利きの選手では登里選手や車屋選手が居ますが勝負したい部分は

「突破力や左足のクロス、対人の守備というのは負けない自信があります。良いものは(車屋)紳太郎くんだったり、ノボリさん(登里享平)から盗んで、プラスアルファ自分の特徴を出せればと思います」

──AFCチャンピオンズリーグにも出られるチャンスがありますが

「アジアの舞台でも自分がプレーできれば、もっともっと自分が成長できると思います。そういった舞台を経験できるように、普段の練習からアピールしていかなくてはいけないと思います。そこはしっかりやりたいです」