松本のアンバサダーに就任する{{鐡戸裕史}}氏

写真拡大

 松本山雅FCは22日、2016シーズンをもって現役を引退した鐡戸裕史氏がアンバサダーに就任することを発表した。今後、アンバサダー(大使)として、ホームタウン活動等を通じ、松本の理念・クラブの魅力を広く伝えていく。

 クラブ公式サイトを通じて鐡戸は、「2代目アンバサダーを務めることになりました鐡戸裕史です。柿本さんが築いてきたアンバサダー職を引き継ぎ、より充実させるため、自分に出来ることから始めていきたいと思います。選手としてお世話になった松本、そして長野県のためにアンバサダーとして恩返し出来ればと思います。一生懸命頑張りますので宜しくお願いします」と挨拶した。


●2017年Jリーグ移籍情報