gugudan キム・セジョン「覆面歌王」で美声を披露するも敗北…わずか9票差(動画あり)

写真拡大

“ワーカホリック蟻少女”は、gugudan キム・セジョンだった。

22日午後、MBC「覆面歌王」では48代歌王戦第1ラウンドが放送された。

最初の対決は、“パーティーの女王バッタ”対“ワーカホリック蟻少女”だった。歌はスミ・ジョーの「If I LeavE」だった。2人の切ない声が舞台の上に響き、美しい和音を作り出した。

勝利をおさめたのは9票差で“パーティーの女王バッタ”だった。惜しくも敗れて仮面を脱いだ“ワーカホリック蟻少女”はキム・セジョンと明らかになった。