彼氏に「距離を置こう」と言われたらすべきこと・6選

写真拡大

彼から「少しの間、距離を置こう」と言われたときは心穏やかではいられませんよね。どうしても自然消滅的な別れを連想してしまうため、距離を置くどころか焦ってしまう人もいるでしょう。そんな状況に置かれたとき、女性がやるべきこととは何なのでしょうか。働く女性に意見を聞いてみました。

(1)ひたすら待つ

・「言われたとおりに距離を置く。それで別れるなら仕方ない。あるいは離れてみてお互いに必要だと思えれば、結果良し」(35歳/その他/その他)

・「ひたすら待つこと。時間が経てば話しあえるかもしれないから」(22歳/アパレル・繊維/その他)

冷却期間を作ることで見えてくるものもあります。お互いに冷静に考えてみることで、勢いやそのときの感情だけで行動することを避けることができるでしょう。

(2)理由を問いただす

・「その場で理由を聞くことが一番。そこで解決できるかもしれない」(26歳/その他/その他)

・「その理由をちゃんと聞き出し話し合いをすること。相手の気持ちを理解しないまま距離を置くと戻れない可能性もあるから」(24歳/その他/販売職・サービス系)

なぜ彼が距離を置きたいと思ったのか、その理由を聞きたいという人も。話してくれるかどうかはわかりませんが、理由がわかれば自分が改善するべき点も勘違いすることなく理解できますね。

(3)自分の言動を振り返る

・「自分が恋人にしたことで、何か嫌なことをしてないかと探る」(29歳/小売店/クリエイティブ職)

・「自分を見直す。どこが悪かったか自覚する必要がある」(29歳/小売店/クリエイティブ職)

まずは冷静に自分の言動を振り返り、直すべき点を探るという意見です。距離を置いている期間は自分が生まれ変われるチャンスでもあります。いつでも元の状態に戻れるように準備しておきたいですね。

(4)別れの準備

・「一切連絡をとらないこと。別れるコトも想定して身辺整理」(39歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「次の人に移るための心構え。距離を置いたところで復活なんて無理」(28歳/学校・教育関連/専門職)

まだはっきりと別れると言われたわけではないので、具体的な行動に出ることはできませんが、万が一のときのために心の準備を始めるという人も。あらかじめ準備をしておけば、いざ別れるとなってもそれほどショックを受けずに済みそうですね。

(5)いっそのこと別れる

・「距離を置くくらいなら、後はどうせ別れてしまうのだから、別れてしまいたい。新たな出会いに期待したいので、別れ話をしてしまいます。その時間がもったいないです」(22歳/小売店/販売職・サービス系)

・「そのまま別れる。面倒くさいから」(27歳/その他/その他)

元の状態に戻るときを待つよりも、別れて新しい恋を探したいという意見も。冷却期間がどのくらいになるのかもわからない状態では、待っているだけで時間を過ごすのはもったいないかもしれませんね。

(6)白黒をつける

・「遠回しに振られた可能性があるので、別れるか別れないかはっきりさせる」(30歳/その他/その他)

・「自然消滅のように穏便に別れる方に持っていきたいのか、忙しくてほんとに距離を置きたいのかハッキリさせたい。自然消滅はすっきりせず、別れるならハッキリと別れると言いたいから」(31歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

「距離を置きたい」という彼の希望の真意を聞ければ、その後の自分の対応も決められますよね。もし少しでも「別れたい」という気持ちがあっての発言なら、自分の身の振り方も考える必要があるでしょう。

■まとめ

距離を置きたいと言われたということは、現状の付き合い方に彼が何らかの不満や不都合を感じていることになります。どんなに仲がよかったとしても関係が永遠に続くとは限りません。時には流れに身を任せてみることも必要なのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年1月にWebアンケート。有効回答数201件(22歳〜39歳の働く女性)