F1がシーズンオフになってから、早一カ月。F1不足でモヤモヤするー!というF1ファンの皆さんに朗報です! 待ちに待った、今年最初の「F1速報2017新年情報号」が1月19日(木)に発売されました。

1

■ボッタス『当確』が遅れる理由

新王者、ニコ・ロズベルグ選手の突然の引退発表表明で慌てたメルセデス。後任探しを急ぐも、最強チームのシートはなかなか埋まらず、バルテリ・ボッタス選手の移籍が決定するまでに様々な裏事情が存在していたのです……

メルセデスマネージング・ディレクターのトト・ウォルフは、まず秘蔵っ子のパスカル・ウェイレーン選手を指名しようとしたのだそう。しかし、それは改善策なのか? メルセデス非常勤会長のニキ・ラウダには引っかかるものがありました。

「経験があり、才能もあり、勝利へのひたむきさがあるドライバーが必要なんだ。ウェイレーンは小さなチームで1シーズンを過ごしただけだ。採用するにはリスクが大きすぎる。我々はドライバーズ・チャンピオンシップだけでなく、ダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンがいるレッドブルや、セバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンがいるフェラーリを相手にコンストラクターズのタイトルの争わなくてはならない。何より、ルイスが刺激的でいられる相手であることが必要なんだ。」(ニキ・ラウダ)

ロズベルグ選手の発表後、ほとんどのドライバーがメルセデスに電話をかけてきたのだそうですが、目ぼしいドライバーはみな契約済み。ベッテル選手獲得に向けて役員レベルで掛け合ったものの、フェラーリは当然拒否。レッドブルもカルロス・サインツJr.選手へのリクエストを却下し、フォース・インディアにもセルジオ・ペレス選手について断られました。結果的に残されたのは、ウォルフのマネージメント下にいるバルテリ・ボッタス選手だったという訳です。

ただしボッタス選手も2017年末までウィリアムズと1年契約を更新したばかりでした。ウィリアムズの副チーム代表クレア・ウィリアムズが示した、メルセデスにボッタスを引き渡す条件は3つ。まず、フェリペ・マッサ選手の引退を1年先延ばしすること。メルセデスはボッタス選手の引き抜き料をウィリアムズに支払うこと。そして早急にエクゼクティブディレクター(テクニカル)のパディ・ロウをウィリアムズに迎え入れることでした。

この3つの条件の中で、一番実現が難しいのがロウの件。ロウは、ウィリアムズでただテクニカルディレクターの地位に収まる気はなく、チーム代表として自分の夢を実現したくなったのだそうです。

このロウの駆け引きのせいでボッタス移籍は遅々として進まず、1月の第2週、メルセデスはロウと契約を更新しないことを発表。そして1月16日、ボッタス選手のメルセデス移籍が正式に発表されたのです。

■走り納めPLAYBACK2016

シーズン終了後のお楽しみ、参加マニファクチャラーのオフイベント。2016年はホンダ、メルセデス、フェラーリがこれまで応援してきてくれたファンや従業員たちとの交流を楽しみました。

12月4日にホンダレーシングの年末恒例イベント、ホンダレーシングサンクスデーがツインリンクもてぎで行われ、F1からはフェルナンド・アロンソ選手、ジェンソン・バトン選手というマクラーレンのレギュラードライバーと、17年シーズンからシートに座るストフェル・バンドーン選手が登場。

アロンソ選手はMotoGPのマルク・マルケス選手とMotoGPマシン(RC213V)に乗って華麗なライディングを披露し、ストレートではアクセルをワイドオープンにしてファンを驚かせました。

マクラーレンMP4/6をドライブしたバトン選手は「素晴らしいマシン、素晴らしいサウンドだったよ。久々に3ペダルでヒール&トゥをやった(笑)。最高だった。」と大興奮だったようです。

1967年デイトナ24時間レースで1-2-3フィニッシュを飾った栄誉から50周年を迎え、フェラーリは12月1日〜4日に米デイトナ・インターナショナル・スピードウェイでF1やスポーツプロトタイプのデモランなどを含め、フェラーリ・ファミリーが集結する一大イベントを開催。

このイベントに登場したベッテル選手とライコネン選手は、2016年カラーを施されたF60でデイトナのオーバルコースをデモランし、集まった大観衆を盛り上げました。

この他にも、毎年英国オートスポーツ誌がファン投票によってアワードを決める「オートスポーツアワード2016」、2016年のモータースポーツを締めくくる「FIA表彰式」、そして自社工場及び諸施設のあるドイツのジンデルフィンゲンにてメルセデスの従業員とその家族、1万6500人を集めた凱旋イベント「モータースポーツ・ミーツ・ジンデルフィンゲン」が開催されました。

このようなオフイベントではリラックスした表情のドライバーを見る事ができるのも魅力的。そして、憧れのドライバーに接近できる大チャンスでもあるんです! 海外のイベントもとっても楽しそうで、いつか行ってみたいなーと夢が膨らみます。

■2017F1速報特製カレンダー

新年情報号恒例の特別付録「2017 F1速報特製カレンダー」。今年はバージョンアップし、今までになく豪華な作りになっています! なんと、昨シーズンを写真で振り返る通常のカレンダーに加え、裏面には日本GPで王座を決めた7人のワールドチャンピオンが登場。リバーシブルで2度オイシイ、なんとも贅沢なカレンダーです。

 
 

リバーシブルなのは嬉しいですが、どっちを飾るか困っちゃいますよね。月ごとにひっくり返すのも良いかも!? 個人的には大好きなバトン選手の写真もあったのが嬉しかったです。F1速報特製カレンダーと共に、2017年を更に素晴らしい年にしてみてはいかがでしょうか。

(yuri)

【F1速報×F1女子〜2017年新年情報号〜】今年はリバーシブル。1冊で2度楽しめちゃうF1速報特製カレンダー!(http://clicccar.com/2017/01/22/437991/)