「君の名は。」歴代の日本映画興行1位に…観客動員数は300万人を突破!

写真拡大

新海誠監督の「君の名は。」が観客動員数300万人を突破した。

公開19日目を迎える「君の名は。」は本日(22日)、観客動員数300万人を突破し、韓国での日本映画の興行歴史を塗り替えた。錚々たる新作の登場が相次ぐ中でも、公開初日から2週間ボックスオフィス1位をキープしていた「君の名は。」は、公開5日で観客動員数100万人を、公開11日で200万人を突破し、「アナと雪の女王」「カンフー・パンダ」シリーズに続き、これまでのアニメーション興行スピードTOP5といった大記録を打ち立てた。

一層熱くなった口コミの熱気により勢いが止まらない「君の名は。」は、実写やアニメーションを含め、日本映画興行1位であり、歴代アニメーション興行ランキング8位だった「ハウルの動く城」(2004) の最終スコア(3,015,165人) を既に超えた。これは13年ぶりの快挙だ。この「君の名は。」シンドロームは、約50万人の観客を動員することも難しい12歳以上観覧可アニメーションの限界を越えた成果であるため、一層注目すべきだ。

さらに「君の名は。」は世界で興行収益約3億679ドルを記録し、“ジャパニメーション”の世代交代を告げた。これは、これまで日本映画の中で最高の興行収益となる。ジブリスタジオの作品としては「千と千尋の神隠し」(2001) が約2億7492万ドルで興行収益1位、「ハウルの動く城」(2004) が約2億3518万ドルで興行収益2位を守ってきた。

「君の名は。」は4月7日、北米での公開も控えており、これから作る新しい興行歴史に、世界中から注目が集まっている。