「小説家」をせっちしました (C)2017 Hit-Point/「映画ねこあつめ」製作委員会

写真拡大

 累計1900万ダウンロードを突破したゲームアプリ「ねこあつめ」を実写映画化する「ねこあつめの家」のポスタービジュアルが、このほど完成した。伊藤淳史扮する主人公の小説家・佐久本勝が猫に囲まれた“キャット版”と、俳優陣が勢ぞろいした“キャスト版”の2パターンを見ることができる。

 2014年10月にリリースされ、、アメリカのニュース専門放送局「CNN」で取り上げられるほどの人気を博した同ゲームを、「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」で知られる蔵方政俊監督が映画化。スランプに陥った小説家の勝が、1匹のネコとの出会いをきっかけに、田舎の古民家で“ねこあつめ”する姿を映し出す。

 キャット版ビジュアルは、猫が自由気ままにうろつく庭に「『小説家』がせっちされる」様子を切り取った、癒しに満ちあふれた仕上がりに。一方でキャスト版は、猫を抱きかかえほほ笑む勝と、物憂げな表情を浮かべる勝の担当編集者・ミチル(忽那汐里)を対照的に配置。そもそもストーリーがない「ねこあつめ」だが、映画ではどんな物語が紡がれるのか、期待が高まる。

 「ねこあつめの家」は、ほか田口トモロヲ、木村多江、大久保佳代子が共演。4月8日から東京・新宿武蔵野館ほか全国で公開される。