●●間違いは凹む!「元カレを忘れられてない」と思う彼女の言動6つ!

写真拡大

付き合っている彼女の言動を見ていると、ふと元カレの影を感じてしまうこともあると言います。すでに相手との関係は切れていたとしても、気持ちが残っているのではないかと感じてしまうと、男性としては気持ちがいいものではないでしょう。今回は、彼女が元カレを忘れていないのではないかと思ってしまう瞬間や言動について、男性に聞いてみました。

(1)元カレにもらったものを大切に持っている

・「元カレからもらったものを大事にしている」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「元カレからもらったものを大切に持っている」(25歳/運輸・倉庫/営業職)

彼女が元カレからプレゼントされたものを大切そうに持っていると、まだ忘れられないんだなと思ってしまうようです。アクセサリーなどは特にそうでしょうし、部屋の小物のような小さなものでもときはそう感じてしまうようです。

(2)ときどきどこか遠くを見てぼんやりしている

・「目が遠くを見ていて、何かを思い出しているようなしぐさ」(36歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)
・「たまにふと遠くを見ているようなときがあると、元カレのことでも思っていたんじゃないかと思ってしまう」(37歳/情報・IT/技術職)

彼とのデート中、ぼんやりとどこかを見つめて上の空になってしまうことはありませんか? 男性からすると、そうした瞬間の彼女を見ると、元カレのことを考えているのではないかと思ってしまうようです……。

(3)初めてきた場所なのに二度目かのように話す

・「デート中、はじめて来たとこなのに二度目のような感じで話してくる」(30歳/情報・IT/営業職)
・「一緒に行ったことないところに、二度目な感じで話してきたとき」(30歳/情報・IT/営業職)

元カレと一緒に来た場所を、今の彼と来たのだと勘違いしてしまうことってありませんか? うっかりまちがえてしまったりすると、ただの勘違いだったとしても、男性を嫌な気持ちにさせてしまうかもしれません。

(4)名前をまちがえられたことがある

・「たまに名前をまちがえられた。そんなの忘れていない証拠だから」(32歳/運輸・倉庫/技術職)
・「名前をまちがえる。明らかに忘れられてないからだと思う」(30歳/その他/その他)

実際、他の男性と名前をまちがえらえられてしまった経験のある男性も少なくないようです。その名前が元カレのことだとわかっていると、なおさら忘れていないんだなと思われてしまいそうですね。

(5)元カレの話をすることが多い

・「元カレとどこどこに行ったあのときこっちに行った、という思い出話をよくするとき」(28歳/その他/その他)
・「元カレの話題を出してきた時点でそう思う。忘れてたら話題には出てこないはずだから」(34歳/運輸・倉庫/その他)

たとえ元カレに対して未練がなかったとしても、元カレと一緒に行った場所や思いでの話などをすると、男性としてはまだ元カレに気持ちが残っていると感じてしまうようです。勘違いさせたくないのであれば、元カレの話は一切しないほうがいいですね。

(6)何かと元カレと比較される

・「元カレとの比較が多い。その元カレが基準になってしまっているから」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「元カレだったら〇〇してくれた、など文句を元カレを引き合いに出して言う」(27歳/学校・教育関連/その他)

男性としてもっともプライドが傷ついてしまいそうなのが、なにかにつけて元カレと自分を比較されることではないでしょうか? 比較されるたび、彼は元カレがそんなに好きだったのかと傷つき、腹正しい思いになるのではないでしょうか?

■まとめ

男性は意外と傷つきやすいものです。彼女にとっては特別元カレに対する気持ちが残っていない場合であっても、ちょっとしたことが引っ掛かり、嫉妬してしまうことだってあるでしょう。また、たとえどんなに元カレのことが忘れられていなかったとしても、今付き合っている彼にそれが伝わってしまうような言動はすべきではないでしょう。無意識にそうした行動をしてしまっていないかなど、注意が必要ですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年1月にWebアンケート。有効回答数120件(22〜38歳の働く男性)