【今さら聞けない】クルマ好きがいう「カウンターステア」って何?

写真拡大 (全9枚)

進行方向と逆方向にハンドルを切りスピンを逃れる操作

コーナリング中にリヤタイヤがグリップを失って、横方向にスライドし始めたとき、その横方向に流れようとする運動エネルギーを収束させるために、進行方向と逆方向にハンドルを切って、回頭しようとするフロントを止める操作のこと。

ドリフト走行には欠かせないテクニックで、高度なレーシングテクニックとも思われているが、雪国に行けば、地元のおじちゃん・おばちゃんも、上手にカウンターを当てていたり、スリックカートに乗れば、免許を持っていない子供=クルマの運転経験のない人だって、テールが流れれば無意識にカウンターを切っている。

だからと言って、カウンターは簡単かというとそうではない。誰でもテールが流れれば、よほど鈍い人でない限りカウンターを切るが、そのタイミングと舵角でカウンターの成否が決まる。

カウンターの目的は、簡単にいえばスピンを防ぐこと。したがって、テールが大きく流れ出してから慌ててカウンターを切っても、タイミングが遅く、結局スピンしてしまったとすると、カウンターを切る意味がない。

またタイミングはそこそこだとしても、舵角が足りなければスピンになる。さらに言えば、カウンターで難しいのは、当てるよりも戻すとき。カウンターステアによって、オーバーステアを引き起こしていた運動エネルギーが収束してきたにもかかわらず、大きな舵角でカウンターを当てっぱなしにしていると、ヨーイングがゼロになった瞬間、今度はクルマの進行方向が、今までと正反対になってしまう。

これがいわゆる「お釣りをもらう」という状態。

正確なカウンターを決めるには、リアがわずかに流れ出したときからカウンターを当てはじめ、テールスライドが収まってきたら、徐々にカウンターを戻すしかない。この最適なタイミングと舵角は、雪道やツインリンクもてぎのASTP(アクティブセイフティトレーニングパーク)などの滑りやすい路面で経験を積んで、身体で覚えるのが一番。

公道でも安全のために役立つテクニックなので可能なら練習しておきたい

雪道に限らず、雨やドライ路面でもクルマがスピンしそうになるシチュエーションは考えられるので、できればある程度集中的にトレーニングしておいた方がいいスキルだ。

なお、オーバーステアの原因は、コーナー進入時のオーバースピード、あるいはコーナー進入時にブレーキの踏力が強すぎて、フロント荷重が大きくなり、不安定になったリヤタイヤに制動力がかかったため、というのも考えられる。

カウンターステアだけで対処するのではなく、カウンターステアを当てながら、立ち上がりでのオーバーステアなら、アクセルをゆるめ、ターンインでのオーバーステアで、ブレーキを残し過ぎていたなら、ブレーキを弱め、オーバースピードなら、速度が低下するのをカウンターを当てながら待つしかない。

いずれにせよ、カウンターステアは経験がものを言う操作だが、ひとつのコツは、自分の行きたい方向、進行方向に絶えず視線を送ること。進行方向さえしっかり見ていれば、曲がり過ぎる=テールが流れれば、自然にステアリングを戻す方向=カウンターステアに持っていくし、テールスライドが収まりかければ、自然にカウンターを戻しだす。

そのためには、テールが少々流れ出しても、緊張して身体を固めずに、肩の力を抜くしかない。それが一番難しいので、結局経験が必要だ。よくよく吟味して修練を積むしかない。