19日(現地時間)、人気シリーズ最新作「xXx<トリプルX>:再起動」のワールドプレミアが米ロサンゼルスで行われ、アクションスターのドニー・イェンが登場した。写真はドニー・イェン。

写真拡大

2017年1月19日(現地時間)、人気シリーズ最新作「xXx<トリプルX>:再起動」のワールドプレミアが米ロサンゼルスで行われ、アクションスターのドニー・イェン(甄子丹)が登場した。新浪が伝えた。

【その他の写真】

「ワイルド・スピード」シリーズで知られる俳優ヴィン・ディーゼルの主演作。02年に公開された「トリプルX」から数えて3作目となる「xXx<トリプルX>:再起動」は、今月20日から全米公開される。

19日に行われたワールドプレミアには、中華圏から映画に参加したアクションスターのドニー・イェン、韓流グループEXO元メンバーのクリス(呉亦凡/ウー・イーファン)が出席した。特にドニー・イェンは、現在世界中でヒットしている映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」での盲目僧役が人気を集めているだけに、ひときわ注目された。

アクションシーンの撮影では、ドニー・イェンの動きがあまりに速いため、D・J・カルーソー監督が「もう少しスピードを落としてくれ」と頼むこともあったと報じられている。ハイレベルなアクションを称賛された形のドニー・イェンだが、「自分だけではなく、全てはスタッフ一同の努力の結晶だと思う」と謙虚に語っている。

昨年は「ソード・オブ・デスティニー」と「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」が相次いで公開され、さらに「トリプルX:再起動」も続いたことで、ドニー・イェンにとってはデビュー以来まれに見るほどの華やかな一年となった。今後も引き続きハリウッド映画への出演に意欲を見せており、「もっと素晴らしい作品を届けられるよう努力したい」と語っている。(翻訳・編集/Mathilda)