おウチに連れて帰って!「笑顔」を覚えた保護犬がかわいくて悲しい

写真拡大

時折テレビなどで「笑顔を見せるワンコ」が話題になることがある。

飼い主や家族に向かって見せるその表情は、周りの人を笑顔にするものだが、米カリフォルニア州サクラメント市にある動物保護施設で微笑むワンコは、かわいらしくもあり、同時に少し悲しい笑顔だった。

「家に連れて帰って」とほほ笑むワンコ

サクラメント市にある公営の動物保護施設、フロント・ストリート・アニマル・シェルターで保護されているライリーが、スタッフに教えられた仕草をやって見せている映像がある。

それがこちらだ。

__preserve_Facebook_iframe__

引き取り希望者の心をつかむため

スタッフの「笑って」という声とともに、笑顔を見せるライリー。

なぜスタッフがライリーに笑顔を教えたのかと言うと、通り過ぎてしまいがちな引き取り希望者の心をつかむため。

ライリーは普段からおとなしいようで、この施設でワンコたちを散歩させるボランティアをしているという女性からは、「他のワンコたちが散歩をせがむ中、この2匹は丸まっておとなしく寄り添ってるの」というコメントが寄せられていた。

おとなしくて目を引きにくいライリーだが、笑顔をマスターしたことから、賢くて人を信頼しているワンコなのは間違いなさそうだ。

多くのヒトが心を動かされた

この動画が1月14日に公開されると、1週間ほどで36万回再生され、6000件以上のシェアと500件以上のコメントを受けた。6800人以上がリアクションしており、その中の180件ほどは「悲しいね」というものだ。

コメント欄を見てみると、「スタッフはいろんな手を使って、家族を見つけようとしているんだね」、「すぐに家に帰って、うちのコたちを抱きしめたくなった」、「涙が出た」など、けなげなライリーの姿に心を動かされた人が多いようだ。