遠藤憲一

写真拡大

21日放送の「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)で、俳優の遠藤憲一が、クレジットカードを持っていない理由を語った。

番組には、遠藤がゲストとして登場し、嵐のメンバーとトークを展開した。この中で遠藤は、風貌からは想像できないほどの恐妻家だと明かす。前のマネジャーが高齢で替わることになり、「女房に(マネジャーになって欲しいと)3年かかって頼んで、そこからすげえ厳しい人になっちゃった」と話し、その恐妻ぶりを紹介した。

遠藤によると、そのひとつを「キャバクラ・クレジットカード事件」と呼んでいるという。あるとき、遠藤が妻からクレジットカードを初めて預かった際に、「初っ端で使ったのがキャバクラだった」というのだ。その後に送られたてきた明細書で、キャバクラでカードを使ったことがばれ、その場で妻にカードをハサミで切られてしまったという。

それ以来、クレジットカードは海外に行く際だけ認められているとか。これに櫻井翔が、「僕、払っていただいたと思いましたよ」と、過去におごってもらったとコメント。遠藤が「(小遣いで)貯めた現金を持っていた」と明かすと、櫻井は「言ってくださいよ!」と申し訳なさそうにツッコんでいた。

【関連記事】 
遠藤憲一が一風変わった趣味明かす 他人の手帳をのぞき見る
ナイツ・土屋伸之の恐妻家ぶりに驚き「携帯電話を何本も折られている」
不倫報道のあったとにかく明るい安村 妻から課せられた罰ゲーム