写真提供:マイナビニュース

写真拡大

HKT48の指原莉乃(24)が、22日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00〜11:15)で、整形願望ツイートで炎上したタレント・ざわちん(24)に同情した。

ざわちんは今月14日、「ノーズシャドウとハイライトにに頼らず普通に鼻整形願望芽生えてるこのごろ」とツイート。賛否両論を巻き起こす反響を呼び、「見た目にコンプレックスもちたくてうまれたわけじゃない。なのに平気にブサイクって言う人はバチが当たる人生だと思うよ」などと批判の声に反論した。

番組では、ざわちんに「加工ババアが何を言っている」「お前にブサイクって言いたい」といった声も寄せられたことが紹介されると、指原は「(ざわちんは)自分に自信がないから書くわけじゃないですか? 自分から『美人ですよ』と言っているんだったら『お前はブス』は分かる」とした上で「日本語として会話が成り立ってない」と首をかしげ、「ただただ悪口を言われているだけでかわいそう」と同情した。

一方で、以前はこのようなSNS上での意見にも積極的に反論していた指原だが、「最近は自分も大人になって、テレビで応援される人間として」と見つめ直し、「ケンカするのを止めたんです」。ファンが減ってしまうことも止めた理由の1つだと言い、冷静に対処することの大切さも暗に伝えていた。