ダイエットの味方「かんてん」は、味噌汁にもスイーツにも超オススメ

写真拡大

 年末年始の暴飲暴食で、気が付けばウエスト界隈が太くなってきたこの頃。寒くなると、運動不足でますます肥えてゆくのは必須。なんとかしなきゃ…というときにオススメしたいのが、かんてんメニュー。

 かんてんは成分が海藻なのでカロリーはほぼゼロに等しいのですが、食べ応えがあり、食物繊維などが豊富でダイエットにはオススメ。ですが、おやつとして黒蜜をかけるとか、ところてんにするくらいしか普通はなじみがありません。

 そこで、今回は珍しいかんてんを2つご紹介したいと思います。

◆「糸かんてん」はお湯に入れるだけ

 お菓子作りをする女性なら粉末状のかんてんを見たことがきっとありますよね。粉末かんてんを求めて東京・初台にある「かんてんぱぱ」を先日訪れてみたら、予想を超える様々なかんてん商品に出会えました。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=642631

 なかでもがぜん目を引いたのが、「糸かんてん」。そのまま熱いお湯に入れるだけで麺状になる商品なのですが、これがめちゃくちゃ使えるのです。

 なにがいいって、私のような麺好きで、かつ、すぐにおなかが膨れる者にとっては、ほぼノーカロリーで麺が楽しめるというのが、パラダイス。

 しかも、下処理の必要もなく、そのまま入れれば戻るというのもありがたい! 早速愛用しているのですが、家で料理に使うだけでなく、小袋に分けて携帯すると、スープに入れるだけで、ヘルシーな麺になるので、持ち歩きも超オススメです。

 鍋料理に入れた場合、翌日には鍋全体がかんてんで固まってしまうのですが、それもまた「煮こごり」のようになってオツなのです。

 なお、カレーに入れた場合は、冷えるとカレーごとつるっと鍋から取れるので洗い物も便利になりますよ(冷やすと固まるのは、糸かんてんだけでなく、全かんてんに共通です)。
◆「かんてんゼリー」は食前に食べるのがオススメ

 次にオススメしたいのが、かんてんの「ゼリー」。このゼリーを味見したら美味しくてびっくり。

 かんてんで作るゼリーは、通常、固い食感が出てしまい「ゼリーの滑らかさ」が実現しづらいのが惜しいと思っていたのですが、こちらのものはとっても滑らか。ゼラチンで作ったんじゃないかと思えるほどの完成度の高さだったのです。

 かんてんには前述の通り、食物繊維が豊富に含まれているので満腹感が得られやすいし、食前に食べると胃での吸収を緩やかにしたり、腸の蠕動運動を促して便秘を解消してくれるようです。

 実は、様々な調理方法で楽しめる食材のかんてん。ダイエットを意識したい人はもちろん、料理好きな人にとっても新しい発見がありそうですよ。

●「かんてんぱぱ」公式サイト http://www.kantenpp.co.jp/index.html

<TEXT/にらさわあきこ>