「ボイス」チャン・ヒョク&イ・ハナ、虐待されている児童を救出

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
チャン・ヒョクとイ・ハナが協力して虐待されている児童を救った。

韓国で21日に放送されたOCN「ボイス」第3話では、児童虐待の通報を受けて現場に出動したム・ジニョク(チャン・ヒョク) 刑事が、112通報センターカン・グォンジュ(イ・ハナ) の助けを得て、これをゴールデンタイム内に解決する姿が描かれた。

虐待児童の母親オ・スジンは過去、養父に虐待を受けた経験があった。しかもその養父は、当該マンションでこのような酷いことを再びオ・スジンの養子縁組した子供たちに繰り返していた。

結局、これを見抜いたム・ジニョクとカン・グォンジュによって、オ・スジンの養父ベク・ソンハクは逮捕され、カン・グォンジュの特別な聴覚で閉じ込められていた児童アラムを救出した。