ツエーゲン金沢、2017新ユニフォームを発表!3年ぶりのボーダー柄

写真拡大

J2昇格2年目。1年目の2015シーズンは一時首位に立つ快進撃も見せたツエーゲン金沢だが、昨季は21位に終わり、J2・J3入れ替え戦で辛うじて残留を果たした。

開幕から低空飛行が続き、残り1試合の時点で最下位。しかし最終節、北海道コンサドーレ札幌とのアウェイゲームを引き分けに持ち込みギラヴァンツ北九州を逆転すると、栃木SCとの入れ替え戦では1-0、2-0と2連勝を飾った。

5年間チームを率いた森下仁之監督はシーズン終了後に退任し、新たに柳下正明監督を招聘。新戦力では昨季リーグ最少得点の攻撃陣に、J2で実績十分のFW佐藤洸一(長崎)、ユース時代は鈴木優磨を上回る得点力を見せていた19歳の長身FW垣田裕暉(鹿島から期限付き移籍)を獲得している。

Zweigen Kanazawa 2017 adidas Home

ツエーゲン金沢 新ユニフォーム

その金沢の2017シーズンに向けた新ユニフォームがこちら。

ホーム(1st)は伝統である赤を基調に、濃淡のボーダー柄を採用。差し色の黄色がツエーゲンらしい。

ツエーゲン金沢 新ユニフォーム

金沢のボーダー柄は2014モデル以来となる。

Zweigen Kanazawa 2017 adidas Away

ツエーゲン金沢 新ユニフォーム

アウェイ(2nd)は白を基調にしたデザイン。ホームと同じテンプレートだが、ゴールドのボーダー柄というのはなかなか珍しい。

ツエーゲン金沢 新ユニフォーム

GKユニフォームは、水色のホーム、グレーのアウェイという組み合わせ。

ツエーゲン金沢 新ユニフォーム

ユニフォームスポンサーは、胸の「北國新聞」、背中上部の「北國銀行」、背中下部の「澁谷工業」、袖の「米沢電気工事」、パンツの「サンキュー」がいずれも継続している。