コンパクトでも高い拡張性

写真拡大

日本HP(ヒューレット・パッカード、東京都江東区)は、法人向け小型デスクトップパソコン(PC)「Elite Slice(エリート・スライス)」を、同社の販売代理店は2017年1月19日に、直販サイト「HP Directplus」およびコールセンターは2月中旬から、順次発売する。

非接触充電やオーディオ、ストレージ拡張や光学ドライブがモジュールに

縦横約16.5センチ、重さ約1.05キロのコンパクトボディにモジュール設計を採用。様々な機能を搭載したトップカバーやモジュールを組み合わせられる。

カバー上のタッチキーを押すとインターネット電話「Skype for Business」と連携し、簡単にインターネット会議への参加や通話が可能となる「コラボレーションカバー」、対応デバイスの非接触充電ができる「ワイヤレスチャージングカバー」。そのほかデンマーク「Bang & Olufsen」監修の360度スピーカー&マイク「オーディオモジュール」、ストレージの拡張や光学ドライブの追加、VESAマウントなどを用意。

ベースPCの主なスペックは、OSが「Windows 10 Pro」(64bit)、メモリーは8GB、「HPSure Start」によるBIOS自動修復機能、指紋認証リーダー、無線/有線LAN、HDMI×1、DisplayPort×1など。

価格(税別)は、付属モジュールごとに14万8000円〜17万8000円。そのほか単体発売のモジュールも用意する。