今、若者の多くが、微信の歩数計測機能を好んで使っている。転職して新しい会社に入った胡さんは、会社がこのツールを社内規則に利用していることを知ったという。資料写真。

写真拡大

今、若者の多くが、微信(Wechat)の歩数計測機能を好んで使っている。転職して新しい会社に入った胡さん(30)は、会社がこのツールを社内規則に利用していることを知ったという。この会社では、「社員は1日1万歩以上歩かなければならない」というルールを定めていたのだ。重慶晩報が伝えた。

16日午後2時、記者が胡さんと面会した。やや小柄で肥満気味の彼は、昨年12月にこのIT関連企業に入社したという。「入社手続の時に、人事部の担当者が私の微信とつながり、毎日微信の万歩計を立ち上げた。その担当者から、『社員は毎日1万歩歩かなければならない』という社内ルールを実行しなければならないと宣告された」と彼は話した。

胡さんは、「その時、本業の仕事さえしっかりやれば良いと思っていたのに、なぜ社内規則だからといって歩く必要があるのだ?」と疑問に思い、このようなルールは常識はずれだと感じたという。「翌日から、私は車通勤を止め、毎日20分かけて地下鉄駅まで歩くようになった。最初、出勤・退勤中の歩行は、とてもつらかった。だが、1カ月余り続けて、ようやく自分が運動不足だったことを実感した。今では数キロの減量に成功した。同僚の多くも昼食後、パソコンでゲームに没頭することをやめ、連れだって散歩に出歩いている」と胡さん。

16日、記者がこの会社の担当者・郭総さんとコンタクトを取った。彼女はこのルールができるまでの経緯について、次の通り説明した。

「オフィスで長時間座り続け、その上たくさん残業する日々が続くと、若い社員はひどい肩こり・首こりなどの半健康状態に陥ってしまう。この厳しいルールは、社員の健康度アップを図る目的で定められた。実は、ルール違反したときの罰則も、腕立て伏せ50回から100回という極めてシンプルなものだ。今のところ、違反者はまだ一人も出ていない。社員たちが自ら進んで、楽しんで身体を動かすようになる日が来るまで、このルールはなくならないだろう」。(提供/人民網日本語版・編集KM)