以前MotoBeでもご紹介したキャンプグッズ「ラーメン、コーヒー、そして俺」。何だそのタイトルは!?と思ってしまうような独特な名前ですが、使ってみたらめちゃくちゃ便利でした!

1

このセット、火気厳禁の場所以外はどこでも使えます。つまりツーリングなどの出先でも淹れたての美味しいコーヒーが作れるんです。これを知ってしまったら、最近進化してる缶コーヒーでも満足できないくらい、便利!

まず付属のミルでコーヒー豆を挽きます。同時にお湯も沸かしておきましょう。一度で2〜3人分の豆を挽くことができました。

挽いた豆をパーコレーターストレーナーに移します。豆ができるだけ均一になるように調整しましょう。

あとは沸いたお湯に入れれば勝手にコーヒーが出来るという仕組み。下手したらインスタントドリップコーヒーと手間的には変わりません!

徐々にお湯の色が変わってくるので3分くらいしたところで完成。濃いコーヒーが好きな方は色を見ながら調整しましょう。

もう何度か使っていますが、5分〜6分くらい抽出してもコーヒー好きにはちょうどいい濃さになりました。

「ラーメン、コーヒー、そして俺」で採用しているパーコレーターとは、熱湯を循環させてコーヒーを抽出する方法。沸騰したお湯が中の管を通って吹き出し、豆の部分を通過して抽出する、という繰り返しです。

なので時間をかければその分循環回数が増えるので味が濃くなります。

こんな簡単でここまで美味しいコーヒーが淹れられてしまっていいのか…と思ってしまうくらい美味しいです!豆もその場で簡単に挽けるので、すでに挽かれているタイプではなく焙煎しただけの豆を使いましょう。アウトドアでここまで本格的なコーヒーが飲めるのには驚きました。

持ち運びもセット一式と豆、カップ、コンロくらいなのでスクーターならメットインに、収納が無いバイクでも普通のバッグに余裕で入ります(注:コンロはセットの中に含まれていません。別途ご用意ください)。

お湯が沸かせればもちろんラーメンも作れます。そのまま直にインスタントラーメンを放り込んで調理できるので、荷物を少なくしたいロングキャンツーなんかでは重宝するはず。煮込みもできるので、ほかにもレシピを研究してみたいところです!

コーヒーを飲みながら夜景を眺める、なんてのもこれがあれば簡単です。一人でこだわりコーヒーを飲むのもいいし、誰かと一緒に使ってこだわりコーヒーを出せば「こだわりの渋い男感」を演出できる事間違いなし!

ライダー全員に進めたい驚きの便利グッズ「ラーメン、コーヒー、そして俺」でした!

(ライター:佐藤 快/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン

【関連記事】


【ライダーの疑問】すり抜けってどうなの?警察官に聞いてみた


【夜ツーのススメ】夜の空港はブラッとツーリングに最適なスポットだった


【ROCK】音楽好きにはたまらない!ギターペイントのヘルメットがかっこ良すぎる!


ケツ痛解消できんの?ライダークッション「ワイルドアス」を500kmツーリングで使ってみた結果

缶コーヒーに宣戦布告!?「ラーメン、コーヒー、そして俺」を使ってみた!【キャンツー逸品】(http://clicccar.com/2017/01/22/429143/)