日曜劇場「A LIFE〜愛しき人〜」(TBS・日曜よる9時〜)。
木村拓哉、竹内結子、松山ケンイチ、木村文乃、菜々緒、及川光博、浅野忠信。

脚本は橋部敦子。『ピュア』『僕の生きる道』『フリーター、家を買う』『ファイト』『遅咲きのヒマワリ』など数々のヒューマンドラマを手がけてきた。医療ドラマは『救命病棟24時』『ナースのお仕事』の一部を手がけている。

公式ツイッターによると「第2話放送前の1/22(日)午後2:00〜 第1話の再放送が決定しました」とのことなので観れる地域の方はぜひ。

第1話あらすじ


大病院、壇上記念病院。
院長の壇上虎之助(柄本明)が心臓疾患で倒れる。
外科部長の羽村圭吾(及川光博)の診察では「持って半年。手術は難しい」。

院長の娘であり小児外科医の壇上深冬(竹内結子)とその夫(つまり入り婿)で副院長の壇上壮大(浅野忠信)が病状を伝えると院長がある男の名前を口にした。

「沖田先生に診てもらいたい」


沖田一光(木村拓哉)はかつて壇上記念病院にいた外科医。
10年前に院長の勧めでアメリカ・シアトルの病院に移り、経験を積んできた。


病室に駆けつけた沖田。
駆けつけるなり聴診器を取り出し胸の音を聞く。そして力強く、こう言った。

沖田(木村)「オペ、すぐにやりましょう」 ←診断はやっ

リスクの高い手術。医師の間から反対意見も上がる。
深冬(竹内結子)も不安だが、院長は「オペは受ける」と承諾。
そして院長は続ける。
「沖田先生のことなんだが、この病院に戻ってきてもらいたいと思っている。
前から思ってたんだ。海外に行かせたのは私だが、またうちで引き取りたいって。」

驚く深冬と壮大(浅野忠信)。
それもそのはず。
壮大と沖田は幼馴染、そして深冬と沖田は恋人同士だった。


かつて沖田のアメリカ・シアトル行きを院長に勧めたのは、実は壮大だった(そのことを沖田はまだ知らない)。

真面目医師キムタク


院長の手術は無事終わった、と思われた。
数日後、容態は急変。不測の事態だった。意識が戻らない。


沖田は手術の検証を続け、再手術の方法を見つける。
危険な手術だが、深冬は決心する。

「父は眠っているけど絶対諦めてないと思うから。」


壁に穴を開ける浅野忠信


再手術の様子をモニター越しに見守る深冬と壮大。
手術が成功に終わり、思わず沖田の場所へ駆け出す深冬。

残された部屋で壮大は何を感じたのか。
深冬を失う不安?過去の嫉妬?それとも…?


深冬の手術はどうなる


院長の再手術も終わり、シアトルへ帰る準備をする沖田。
ところがこのタイミングで深冬の脳に腫瘍が見つかる。

壮大は沖田に「お前しかいないんだ」と手術を頼む。
壮大も腕利きの脳外科医だが「家族は切れない」(そーゆーもんなの?)。
沖田は壇上記念病院に残ることを決意する。

大病院を舞台にこの人間関係がどう変化していくのか。
今夜2話!

(イラストと文/小西りえこ)