2PM、動物と触れ合う姿を公開…「2PM WILD BEAT」で見せた意外な一面

写真拡大

2PMの新しいリアリティー写真が公開された。

2PMは昨年11月、旅行バラエティー番組「2PM WILD BEAT」の撮影のために、9泊10日の日程でオーストラリアを訪ねた。メンバー6人が一緒に行く初めての旅行で盛り上がっていたが、全ての費用を自ら用意しなければならないというまさかのミッションを聞いて、慌てた素振りを見せたという。

しかし、2PMはすぐに元気を出して、現地でできるアルバイトをしながら経費の工面に取り組んだ。

22日に公開された写真には、動物園と農場で動物たちの面倒を見ている2PMの姿が収められている。子羊にミルクを飲ませたり、檻から脱出した子羊を追い胸に抱いて帰ってくるなど、多情多感な姿が微笑ましい。

また、他の写真の中で、テギョンとチャンソンは愛のこもった表情でカンガルーを見つめている。製作陣は「農場と動物園で働くのは大変だと思っていたのに、2PMは動物がとても好きだった。みんな、子供みたいな顔で動物を見ていた。おかげで一味変わった2PMの姿を映像に盛り込むことができた」と明かした。

また「ニックンは羊をとても可愛がっていて、絶えず撫でてあげたし、チャンソンはカンガルーに名前までつけてあげていた」と当時の雰囲気を付け加えた。

「2PM WILD BEAT」はオーストラリアで行われた10日間の旅行ストーリーを盛り込んだバラエティー番組で、韓国で2月1日午後8時、K STARチャンネルやNAVER TV(JYPnation) を通じて放送される。今年でデビュー10周年を迎えた2PMの固い友情と幻想的な呼吸、そしてオーストラリアの素敵な風光が「2PM WILD BEAT」の観戦ポイントだ。