VIXX ラビ、ゲリラコンサートを開催…寒さを吹き飛ばす熱気でファンを魅了

写真拡大

VIXXのラビが、厳しい寒さを熱い熱気で吹き飛ばしゲリラコンサートを成功的に終了した。

ラビは、21日午後6時ソウル江南(カンナム) 駅近くのMステージでゲリラコンサートを開催し、約1000人の観客を動員した。

ラビは当日、自ら街頭まで出てゲリラコンサートの宣伝に乗り出し、公演に対する期待感を高めた。ラビは江南駅周辺を回りながら、あらかじめ準備したソロアルバムのタイトルが書かれた黒い風船を配るイベントを繰り広げた。

ゲリラコンサートの開始と同時にステージに上がったラビは、寒い日にもかかわらず、自分の公演を観に来てくれた観客に「寒いのに来てくれてありがとう、素敵な公演で応えたい」と感謝の挨拶を伝えた。ソロアルバムの先行公開曲「私一人で家に」で火蓋を切ったラビは、「Ladi Dadi」「Do The Dance」まで続けて披露しながら、序盤から熱気を引き上げた。

最後にタイトル曲「BOMB」の舞台を用意したラビは、ダンサーと共にパワフルなパフォーマンスを披露し、強烈なカリスマ性を発散して注目を集めた。公演が終わっても席を離れないファンのために、ラビは再びステージに上がり、アンコール曲で「Lean On Me」を熱唱した。ファンは寒さを吹き飛ばす熱い公演を見せてくれたラビに感謝の気持ちを込めて、ラビの歌を一緒に歌いながら温かい雰囲気を醸し出した。

ゲリラコンサートを成功的に終了したラビは、タイトル曲「BOMB」で各種ステージを通じて活発な活動を続いていく予定だ。