「長続きした彼女」と「すぐ別れた彼女」の決定的なちがい・6つ

写真拡大

相性が合う恋人は、なかなか簡単には見つけることができないもの。もし出会えることができれば、ずっと仲よく付き合っていくこともできそうですよね。今回は、男性にとって、「長続きした彼女」と「すぐ別れた彼女」とのちがいが何か、いろいろ聞いてみました。

■ケンカして仲直りできるかどうか

・「ケンカしても仲直りしてコミュニケーションをマメにとっている」(39歳/小売店/営業職)

・「ケンカしても仲直りしようという心意気」(36歳/食品・飲料/事務系専門職)

ケンカしたときに、お互いに意地を張ってしまうようであれば、仲直りもできないもの。自分のプライドより、相手といることが大切と思うと、歩み寄ろうとすることもできるのではないでしょうか。

■相手を思いやれるかどうか

・「相手を思いやる気持ちの強さだと思う」(37歳/情報・IT/技術職)

・「相手のことを心から思いやることができるかどうか」(35歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

相手を思いやることができないと、長続きすることは難しいですよね。相手にもその気持ちが伝わってしまうため、お互いに気持ちが冷めてしまうのでは。

■性格が合うかどうか

・「性格が合うか合わないかが一番大きいと思う」(37歳/商社・卸/営業職)

・「性格が合って一緒にいて落ち着くかどうか」(36歳/小売店/営業職)

外見がタイプであっても、性格が合わないと、付き合っても楽しくありませんよね。一緒にいて楽しいと思えるかどうかが、大切になってきますよね。

■価値観が合うかどうか

・「結局は価値観のちがいじゃないかな」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「自分と価値観が合うかどうかだと思う」(36歳/印刷・紙パルプ/技術職)

価値観のちがいによって、別れを迎えるカップルもいるもの。付き合ってみて、いろいろ細かいことが気になり出してしまうのでしょうね。

■言いたいことを言えるかどうか

・「お互いに言いたいことを言って、しっかり議論のできる人」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/クリエイティブ職)

・「遠慮しないで思っていることを早めに言えたか、遠慮して腹の探り合いになってしまったか」(33歳/電機/技術職)

言いたいことがあっても相手に言えないと、ストレスも溜まってくるものですよね。ケンカになったとしても、言いたいことはキチンと伝えなくてはならないときがありますものね。

■趣味が合うかどうか

・「趣味が合っていて、自分の性格を理解してくれた人ほど長続きした」(24歳/建設・土木/技術職)

・「会話や趣味が合わない女性とは長続きしないよね」(38歳/電機/営業職)

2人の趣味が合わないと、会話も弾まないことも多いのでは。自分の好きなことを我慢していると、ひとりになりたいと思う時間も出てくるのではないでしょうか。

■まとめ

とても簡単なことのように思えますが、自分の思いをちゃんと相手に伝えることができないと、長続きしないこともあるようですね。自分をごまかしてまで付き合ってみても、決してうまくいかないもの。価値観や趣味が合うかということに加え、相手をどれだけ思いやって行動できるかがカギとなるようですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2017年1月12日 〜1月13日
調査人数:124人(22歳〜39歳の働く男性)