17日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは、安全な食品を求める中国人がロシアで食料品を「爆買い」していると伝えた。

写真拡大

2017年1月17日、環球時報によると、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは、安全な食品を求める中国人がロシアで食料品を「爆買い」していると伝えた。

ロシアと中国の国境から18マイル離れたハバロフスクの広大な中央食品市場を訪れる中国人代表団のお目当ては、豚肉、鶏肉、牛肉を積み重ねた店舗だ。市場の広告責任者、Valery Slutsky氏は「彼らはここの肉の品質がどのようなものかを見極めるために来る」と話す。

ハバロフスクは、経済的に強力な隣人の肉類に対する欲求を満たすため、ロシアが中国への食料供給を拡大する拠点となっている。一方、食品業界のスキャンダルに苦しむ中国の消費者は、ロシアの製品を、西欧諸国と同様に安全で衛生的だとみなしている。

中国は昨年、ロシアから食料品を10億ドル(約1130億円)以上購入し、トルコに代わりロシアからの最大の食料輸入国となった。それは両国指導者の贈り物にも反映されている。中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席がロシア製アイスクリームのファンだということを聞いたプーチン大統領は昨年9月、主要20カ国・地域(G20)首脳会議に出席するため中国を訪れた際に、習氏にロシア製アイスクリームの入った箱を贈っている。(翻訳・編集/柳川)