昨年からさらに4kg以上痩せたと報じられたキャサリン妃/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

キャサリン妃の激ヤセが心配されているが、もはや体重は89ポンド(約40kg)まで落ち込んでいるという。

【写真を見る】同じ症状に悩んだという、故ダイアナ妃/写真:SPLASH/アフロ

キャサリン妃の身長は175cmと言われており、昨年激ヤセが伝えられた際、体重は98ポンド(約44.5kg)と推定されたことから、さらに体重が減っていることになる。

「キャサリン妃の激ヤセは、もう誰にも止められません。故ダイアナ妃も同じように苦しんだことを考えると、王室の呪いと言ってもいいかもしれません」

「一時期は拒食症と言われていましたが、今はストレスによる過食症で、その後食べてしまった罪悪感から食べたものを吐いてしまうという状況になっているようです」と王室関係者がナショナル・エンクワイラー紙に語っており、キャサリン妃の健康が懸念されている。【NY在住/JUNKO】