鳥栖、8日前に契約更新のFWエル・カビルが退団…MFタハールとも契約解除

写真拡大

 サガン鳥栖は22日、FWムスタファ・エル・カビルとMFアイメン・タハールとの契約を解除したと発表した。

 エル・カビルは1988年生まれの28歳で、昨年7月に鳥栖に加入し、公式戦11試合の出場で2ゴールを記録。今月14日に契約更新が発表されたばかりだったが、一転してチームを去ることとなった。

 また、現在27歳のタハールも昨夏に鳥栖へ加入していたが、J1リーグ1試合のみの出場で退団することとなった。