チ・チャンウク「苦しい瞬間も多いが、演技をする時だけは常に本気」

写真拡大 (全2枚)

元気な青年のドンヘから、ドラマ「奇皇后」「ヒーラー」、最近韓国で放送終了となったドラマ「THE K2」そして公開予定の映画「操作された都市」を通じて幅広いフィルモグラフィーを積み重ねてきた俳優チ・チャンウクが、ファッション雑誌「marie claire」2月号でグラビアとインタビューを公開した。

チ・チャンウクは、黒のニットとブラックショーツのベルベットスーツを着こなしたカットで、普段とは対照的な魅力で少年のような一面を誇った。黒のスーツにカーディガン、ローファーを合わせ、ダンディな魅力で女心を揺さぶった。

チ・チャンウクは、俳優になったことについてどう思っているかという質問に対し「苦しい瞬間も多いが、相手役の俳優と息を合わせて舞台に立つとカタルシスを感じる」とし「演技をする時だけは常に本気だ」と答え、演技に対する考えを述べた。

チ・チャンウクは韓国で2月公開予定の映画「操作された都市」で初の映画主演を務めた。

演技について真面目に語る俳優チ・チャンウクのグラビア&インタビューの詳細は「marie claire」2月号とホームページで確認することができる。