サガン鳥栖に加入する小野裕二

写真拡大

 サガン鳥栖は22日、シント・トロイデン(ベルギー)よりFW小野裕二(24)が完全移籍で加入することを発表した。

 横浜F・マリノスの下部組織出身の小野は、高校3年生時の2010年7月にJデビュー。2011年のトップ昇格後は高卒ルーキーながら背番号10を背負った。2013年1月にスタンダール・リエージュへ移籍。15年7月からはシント・トロイデンでプレーしていたが、今月15日に契約解除が発表されていた。

 5シーズンぶりのJリーグ復帰となる小野は、クラブ公式サイトを通じ、「このチームの一員になることができ、とてもうれしく思います。チームの勝利の為に全力で戦うので、応援宜しくお願いします」と意気込みを語った。

 以下、クラブ発表のプロフィール

●FW小野裕二

(おの ゆうじ)

■生年月日

1992年12月22日(24歳)

■身長/体重

170cm/69kg

■出身地

神奈川県

■経歴

横浜FMユース-横浜FM-S・リエージュ(ベルギー)-シント・トロイデン(ベルギー)

■通算出場記録

J1リーグ:79試合9得点

カップ戦:10試合1得点

天皇杯:13試合6得点

ベルギーリーグ:47試合1得点


●2017年Jリーグ移籍情報