シティデビューのFWガブリエウ・ジェズス、迅速な適応に自信

写真拡大

▽マンチェスター・シティに所属するブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスがデビュー戦を振り返った。

▽先日、パルメイラスからのシティ入りが完了したガブリエウ・ジェズスは、21日に行われたプレミアリーグ第22節のトッテナム戦でベンチスタート。2-2で迎えた82分にMFラヒーム・スターリングとの交代でピッチに立った。

▽試合後、インタビューに応じたガブリエウ・ジェズスは、デビュー戦を以下のように回想した。クラブの公式サイトが伝えている。

「チームは素晴らしいよ。クラブやチームメート全員が僕のことを歓迎してくれた。みんなが僕をサポートしてくれているから、より早く適応できると思っているよ」

「(プレーしてみて、)ブラジルのフットボールと異なることがわかった。できる限り早く適応しなくちゃいけないね」

「でも、ここにやってきてからまだ3週間だ。チームを助けるため、そして助けてもらうためにここに来たんだ」